お知らせ

<4/12>ESD大学生リレー・シンポジウム
第2回「持続可能な中山間地域と人間居住」

2014.04.02

2014年4月12日(土)に愛知大学豊橋校舎において、愛知学長懇話会主催第2回「ESD大学生リレー・シンポジウム」を開催いたします。

第2回 テーマ「まちづくり」「持続可能な中山間地域と人間居住」

日時:2014年4月12日(土)13:00~17:00

会場:愛知大学豊橋校舎

中山間地域においては、少子高齢化及び農業等担い手の不足、所得の減少、農山漁村の活力の低下等厳しい状況、課題に 直面しています。日本社会が持続・発展していくためには、国土の約70%を占めていると言われている中山間地域の活性化が 重要となってきます。中山間地域が持続・発展していくためには、次世代を担う人材の確保及び農地集積をはじめ農林漁業者 自らによる農林水産物の加工・販売、 グリーンツーリズムの推進等が考えられますが、フレッシュな学生による提案発表から、 持続可能な中山間地域の活性化方策について検討を進めていきます。

[プログラム]
13:00 ~ 第1部大学生ESDアワード
15:30 ~ 第2部基調講演 「中山間地域の課題と活性化について」
      岩崎正弥 愛知大学地域政策学部 教授
17:00 ~ 表彰式
13:00 ~ 17:00 ポスターセッション(パネル展示)

詳細につきましては,下記チラシをご覧下さい。

第2回「持続可能な中山間地域と人間居住」チラシ.pdf

ダウンロード