お知らせ

「あいちESD大学生アワード」 学生参加者募集
9/27開催 愛知学院大学

2014.09.03

大学生

 2014年に愛知・名古屋で開催される「ESDユネスコ世界会議」に向けて, 持続可能な未来を構想できる人材を育成することを目的に大学生によるプレゼンテーションを行い,優れた発表に対し,「あいちESD大学生アワード」を贈ります。

ただ今,愛知学院大学で平成26年9月27日(土)に行われるテーマ「人々の暮らしと持続可能性(健康と保健)」への学生参加者を募集しています。

実施日程及び会場及びテーマ

 

テーマ 開催日 開催場所 担当
第7回

「人々の暮らしと持続可能性」
【健康と保健】

平成26年9月27日(土)

愛知学院大学

愛知学院大学

 

募集期間

8月25日~9月20日(土)締切

説明会及び研修

[愛知学院大学説明会]
日時:エントリーされた大学に詳細の連絡を差し上げます。

場所:愛知学院大学

内容:説明会(1時間半程度)

 

参加(エントリー)方法

愛知学長懇話会リレー・シンポジウム開催に際して、協働する特定非営利活動法人アスクネットの下記メールアドレスまでエントリーシートに必要事項を入力の上、送信してください。
その後、参加及び説明会のご連絡はアスクネットから行います。エントリー数が8チーム以上の場合は、エントリーシートをもとに書類選考させて頂きます。

アスクネットメールアドレス:aichi.esdaward2014@gmail.com

※参加申込は担当教員からお願い致します。

エントリーシートは下記よりダウンロードして下さい。

あいちESD大学生アワードエントリーシート.pdf
あいちESD大学生アワードエントリーシート.xls(Excelファイル)

 

発表(プレゼンテーション形式)

1.時間・構成(参加大学生数に準拠し時間設定を行う)
・プレゼンテーション 15分
・審査員からの質疑応答 5分
・合 計 20分程度

2.内容
・世界や地域等における発表内容の位置づけ(背景)
・発表内容とESDとの関わりおよび特徴は何か?
・発表者の意見や提言または成果は何か?
・その提言等から見える未来、ビジョン、夢は?

3.形式
・パワーポイントなどを用いたプレゼンテーションを基本とするが、他の方法も可。
・動画やアニメーションなどの活用も推奨。

 

審査方法 (開催校ごとに表彰者を決定する。)

1.審査基準(例)
・テーマにおける実践内容・研究内容の成果
・プレゼンテーションのわかりやすさ
・ESDの事例としての適合性
・今後の将来性・可能性がどれだけ感じられるか。
※特に研究の結果からどのような提案、提言を行うのかに重きを置き審査します。
2.審査員
・審査員は、原則各開催校が選定する。
3.審査方法
審査基準にそった採点と合議による審査とする。
・点数による採点
・集計結果をもとに審査員で合議し決定

    [注釈]
  • 「あいちESD大学生アワード」開催に当たり、参加学生には一部運営協力をお願いすることがあります。
  • 開催方法等は各会場により異なります。
  • 参加学生が多いテーマでは予選会を行います。

 

主催:愛知学長懇話会
各会場校協力:特定非営利活動法人アスクネット

エントリーシート_愛知学院大学.pdf

ダウンロード