シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

公的扶助論

開設大学 愛知県立大学
科目コード 290533
担当教員 野田 博也(教育福祉学部准教授)
学年配当 1年
単位数 2単位
曜日 木曜
開講期間 後期
開講時間割1 5限 16:10 ~ 17:40
教室 長久手キャンパス
募集時期 4月, 9月
開講期間 10/2~2/2
講義概要 公的扶助は貧困問題の事後的な解決策であり、社会保障のなかでも最終的なセーフティネットとして位置づけられている。この授業では、公的扶助が対象とする貧困の考え方やその実態について踏まえたうえで、公的扶助という制度の仕組み、関連する社会福祉政策などとの関係について考察を進める。特定の事業について解説をするのではなく、給付条件(コンディショナリティ)などのように、各事業に共通する視点から議論を進める。また、公的扶助関連の課題に関する履修者のプレゼンテーションを行い、学生の積極的な参加を求める。なお、現実の動向を知るために、新聞やネット記事、ドキュメンタリー映像なども可能な限り扱う。
1.ガイダンス
2.公的扶助の史的展開 
3.生活保護の概要
4.貧困と社会的排除
5.貧困証明
6.給付の量と基準
7.給付の期間と形態
8.求められる行為
9.第三者による私的生活への介入 
10.給付を受ける場
11.プレゼンテーション①:稼働年齢層の公的扶助
12.プレゼンテーション②:非稼働年齢層の公的扶助
13.プレゼンテーション③:排除されやすい集団の公的扶助
14.公的扶助の展望
15.まとめ
定期試験 
テキスト・参考文献 ◆テキスト◆
特に指定しない(毎回レジメを配布して進める)
◆参考書◆
・岩田正美 (2007) 『現代の貧困 ワーキングプア/ホームレス/生活保護』ちくま新書.
・湯浅誠 (2008) 『反貧困』 岩波書店.
・稲葉剛 (2013) 『生活保護から考える』岩波書店.
・R.Lister (2004) Poverty. Polity Press. (=2011. 松本監訳『貧困とは何か』明石書店) 

試験・評価方法 授業態度 10%程度
プレゼンテーション 40%程度
期末テスト 50% 
別途必要な経費 特になし
その他特記事項 参考書に挙げている新書(岩田、湯浅、稲葉)のいずれかは予め読んでおくことが望ましい。
・授業開始30分以降は遅刻とし、3回の遅刻で1回の欠席とみなす。
・出欠管理のため、学生証は毎回持参すること。
科目名(英語)

pagetop