シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

現代社会と宗教Ⅱ

開設大学 愛知学院大学
科目コード 291006
担当教員 小林 奈央子(文学部准教授)
学年配当 1年, 2年, 3年, 4年
単位数 2単位
曜日 金曜日
開講期間 秋学期
開講時間割1 2限 11:10 ~ 12:40
教室 日進キャンパス
募集定員 若干名
募集時期 4月, 9月
開講期間 9/16~1/22
講義概要 【授業の概要】
近年、世代や性別を超えて多くの人びとが山登りを愉しんでいます。そんないわゆるスポーツ登山をしているときも、山中で石仏や祠を目にしたり、白衣の修行者と出くわすことがあります。なぜならば、日本の山岳は、それ自体が御神体、あるいは、神仏や死者(ひいては祖霊)の鎮まる霊域と考えられ、古くから信仰の対象となってきたからです。本授業では、日本各地の霊山を紹介し、各霊山の歴史や信仰、文化について詳しく学んでいきます。
【授業の到達目標】
山岳信仰のもつ特色を理解し、山岳信仰に関する基礎知識を得ることができる。日本の霊山に関する見識を深めることで、日本の宗教習俗の一端を理解することができる。
【授業計画】
1.「ガイダンスと霊山に関するクイズ」:授業方針の説明とクイズ
・本授業の概要を説明します
・霊山に関するクイズをします
2.「山岳信仰とは何か」:山岳信仰研究の概要
・山岳信仰の定義や特色について概説します
3.「近畿地方の霊山(1)」
・大峰山など近畿地方を代表する霊山の歴史と現況について解説します
・大峰奥駈修行について学びます
・大峰奥駈修行のDVDを鑑賞し感想をまとめてもらいます
4.「近畿地方の霊山(2)」
・葛城二十八経塚について概説します
・大峰山と葛城山を比較します
・女人禁制の問題を考察します
5.「中部地方の霊山(1)」
・レポートを回収します
・中部地域の霊山について学びます
・愛知県の山岳霊場について学びます
6.「中部地方の霊山(2)」
・三禅定の1つ、白山信仰について学びます
・延年など山伏による宗教儀礼について学びます
7.「中部地方の霊山(3)」
・三禅定の1つ、立山信仰について学びます
・山中他界観について考察します
・布橋灌頂会のDVDを鑑賞し感想をまとめてもらいます
8.「中部地方の霊山(4)」
・木曽御嶽信仰について学びます
・御嶽信仰の世界観を理解します
・御座儀礼のDVDを鑑賞して感想をまとめてもらいます
9.「富士山をめぐる信仰」
・富士山の信仰について学びます
・御師の習俗について学びます
・富士塚の習俗について理解します
10.「関東地方の霊山(1)」
・日光山・筑波山などの山岳信仰を概観し、その特色を学びます
11.「関東地方の霊山(2)」
・高尾山など都心から近い山岳霊場の特色について学びます
・近年の登山ブームについて検証します
12.「東北地方の霊山(1)」
・ハヤマ信仰など東北の特色ある信仰について学びます
・東北地方の死者供養の特徴について理解します
・マタギの文化について考察します
13.「東北地方の霊山(2)」
・羽黒修験について学びます
・羽黒修験のDVDを鑑賞して感想をまとめてもらいます
14.「中国・四国地方の霊山」
・羽黒修験のプリント(感想文)を回収します
・石鎚山の信仰について学びます
・大山、三徳山などの山陰の山岳霊場について学びます
15.「九州地方の霊山」
・英彦山の信仰について学びます
・本授業のまとめをします
16.定期試験
テキスト・参考文献 テキストは使用しません。
毎回の授業テーマに合わせて、参考文献は適宜紹介します。
試験・評価方法 平常点(授業参加状況+授業内小レポート+宿題など)50%
定期試験50%
別途必要な経費
その他特記事項 授業中の私語、携帯電話・スマートフォンの使用を禁止します。
霊山でおこなわれていることは、解説だけではなかなか想像できません。そのため、写真やDVDなどさまざまな視聴覚資料を交えながら授業を進めていきます。
科目名(英語) Contemporary Society and Religion Ⅱ

pagetop