シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

ジェンダーと社会

開設大学 愛知淑徳大学
科目コード 291505
担当教員 中島 美幸
学年配当 1年, 2年, 3年, 4年
単位数 2単位
曜日 木曜
開講期間 後期
開講時間割1 3限 13:30 ~ 15:00
教室 星が丘キャンパス1号棟3階13B教室
募集定員 10
募集時期 4月, 9月
開講期間 9/25~1/30
講義概要 【授業の概要】
 人はその誕生から死まで、社会生活を営むさまざまな場面において、ジェンダーと深く関わりを持って生活している。本講義では、絵本、文学作品、映画などを手がかりにして、歴史的、社会的、心理学的視点からジェンダーと社会のつながりを理解し、自由で多様な生き方のできる社会を探る。

【授業の目標】
 「表現」を分析する能力を高めることで、社会の身近なところにさまざまなジェンダー問題が存在することに気づき、自らの生き方を考える機会とする。

【授業計画】
第 1回 講義概要説明/現在の日本社会
第 2回 〈映画〉とジェンダー
第 3回 〈メディア〉とジェンダー
第 4回 〈ことば〉とジェンダー
第 5回 表現する女性の困難①――イギリス小説誕生の背景
第 6回 表現する女性の困難②――平安女性作家誕生の背景
第 7回 表現する女性の困難③――樋口一葉の挑戦
第 8回 表現する女性の困難④――『青鞜』の女性たち
第 9回 男性作家のジェンダー
第10回 幼い頃に出会った物語「シンデレラ」
第11回 ジェンダー・センシティブな絵本
第12回 教科書のなかのジェンダー
第13回 〈娘〉の表現――恋愛と自立と
第14回 〈母〉の表現――母性神話を問う
第15回 〈家族像〉を描きなおす

【授業外学習の指示】
 日常の中で出会うさまざまな「表現」を、ジェンダーの視点で見直してみること。
テキスト・参考文献 【テキスト】
 なし。毎回プリントを配布する。

【参考文献・資料】
 講義の中でその都度紹介する。
試験・評価方法 学期末テストの得点(90%)と、毎回提出のリアクションペーパー(10%)の総合計で評価する。テストは、毎回配布のプリントと自作ノートの持ち込み可。
別途必要な経費
その他特記事項
科目名(英語) Gender and Society

pagetop