シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

仏教と生命倫理

開設大学 同朋大学
科目コード 293001
担当教員 田代 俊孝
学年配当 1年, 2年, 3年, 4年
単位数 2単位
曜日 未定
開講期間 後期
開講時間割1 未定
教室 名古屋キャンパス成徳館
募集定員 10
募集時期 9月
開講期間
講義概要 授業のテーマは生命倫理を考える。学習内容は以下の通り。
遺伝子治療・移植医療・終末医療・生殖医療・再生医療・薬の治験など医療における生命倫理、環境における生命倫理、福祉における生命倫理など、さまざまなところで生命倫理がとわれている。この問題は、専門家だけの問題でなく、市民一人ひとりの問題である。専門家はむしろ、問われる立場である。優生主義化、ビジネス化の中でいのちの尊厳が失われていく。この問題を仏教の価値観を中心に考えてみたい。医学部の倫理委員会で課題になっていることをビデオなどを使って、リアルタイムに考えていきたい。

1. 仏教の死生観
2. 生命倫理とは(インフォームドコンセント・人権・倫理基準)
3. 生命倫理委員会の現状
4. 脳死・臓器移植(ビデオ使用)
5. 脳死・臓器移植の問題点
6. 安楽死・尊厳死
7. 安楽死・尊厳死の問題点(ビデオ使用)
8. リビングウィルと安楽死裁判
9. 遺伝子・DNA・ゲノム解析と情報管理
10. 遺伝子治療の倫理的課題(ビデオ使用)
11. 遺伝子の選択と優生思想
12. 生命操作・出生前診断・生殖補助医療の課題
13. 代理母・代理出産
14. 薬の臨床試験と薬害(ビデオ使用)
15. まとめ
自分の死生観に基づいて
テキスト・参考文献 書籍名:『仏教とビハーラ運動-死生学入門』、出版社:法蔵館、販売先:田代研究室、備考:¥2600
試験・評価方法 授業内試験(7割)小レポート・平常点(3割)
別途必要な経費
その他特記事項 授業中に配布した資料は綴じて保存しておくこと。
科目名(英語) Buddhism and Bioethics

pagetop