シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

宗教に見る人間の尊厳2

開設大学 南山大学
科目コード 294410
担当教員 山田 望(総合政策学部教授)
学年配当 2年, 3年, 4年
単位数 2単位
曜日 火曜, 金曜
開講期間 春学期
開講時間割1 3限 13:30 ~ 15:00
教室 G27教室
募集定員 5
募集時期 4月
開講期間 6/7~7/28
講義概要 【授業概要】
キリスト教人間観は、「神の似姿」として創造された者として人間は被造物の中でも特異な存在であるという理解と、しかも同時に自然の一部として「泥」から 創造され「泥」に帰る存在でもあるという一見矛盾した理解の上に成り立っている。ユダヤ教以来のこの人間観を、イエスの内に受肉したキリストが取り持つ神 と人との新たな契約関係に移し変えたところにキリスト教人間観の特徴がある。人は「泥」としての弱さ・限界を備えつつも、むしろそれを個の固有性として積 極的にとらえ直すことにより、キリストによって「神の似姿」を霊的に具現する者と成っていく。そこに、人が「人にふさわしく飾られ る」(dignitas)という意味の「人間の尊厳」のキリスト教的理解がある。

【到達目標】
・創世記に始まりアブラハム、イサク、ヤコブ、ヨセフといった旧約の族長物語の中に、神と人とのどのような関わりが描かれているかを理解し、自分の言葉で説明ができるようになる。
・「『神の似姿』であり『泥』でもある人間」、「霊的成長を遂げる存在としての人間」、「歴史的存在としての人間」、「真の自由を求める存在と しての人間」といった人間の諸側面に照らした理解を深め、自分の言葉で説明ができるようになる。
・イエスの「神の国」について、「善きサマリアの人の譬」、「放蕩息子の譬」、「ぶどう園の労働者の譬」などの譬話や「山上の説教」を取り上げ、そこに描かれる「ドラマ」の内容と聴き手に語られているメッセージを理解し、自分の言葉で説明ができるようになる。

【授業計画】
1. 創造神話の二面的人間観:「神の似姿」と「土の塵」。
2. 神話的原因譚とイサク奉献の物語。
3. ヨセフ物語と夢解き:摂理と人間。
4. 十戒と本当の自由:自由を求める人間像
5. 降誕物語に見る「信仰」:絶望の中の灯火。
6. イエスと「神の国」思想-逆転の人間観。
7. イエスの教えと癒し
8. イエスの譬話(1)
9. イエスの譬話(2)
10. イエスの受難
11. イエスの復活
12. パウロの人間観(1)
13. パウロの人間観(2)
14. 私の宗教体験と人間観(1)
15. 私の宗教体験と人間観(2)

【授業時間外の学習 (準備学習等)】
授業中の指示に従うこと。毎回課題を提示する。
テキスト・参考文献 適宜、その都度、プリント資料を配布する。
試験・評価方法 授業取組度30%、定期試験70%で評価する。
別途必要な経費
その他特記事項 講義は、さまざまな文献史料のみならず、ヴィデオやスライドなどの視聴覚資料をも併用しながら進められる。
科目名(英語) Human Dignity in Religion
その他 <お問い合わせ先>
 南山大学・教務課
 tel.  :052-832-3117
 メール:n-kyomu@nanzan-u.ac.jp

pagetop