シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

人間関係概論2

開設大学 南山大学
科目コード 294420
担当教員 土屋 耕治(人文学部講師 )
学年配当 1年, 2年, 3年, 4年
単位数 2単位
曜日 水曜
開講期間 春学期
開講時間割1 1限 09:20 ~ 10:50
開講時間割2 2限 11:05 ~ 12:35
教室 D51教室、R63教室(※初回授業はD51教室の予定)
募集定員 5
募集時期 4月
開講期間 4/6~5/31
講義概要 【副題】
人間関係を自らの体験から学ぶ(ラボラトリー方式の体験学習入門)

【授業概要】
この授業は実習および講義形式で行われる。人間関係を学ぶ際には、先人が見出した理論から学ぶ方法(心理学や社会学などの学問から学ぶ)と、自らの体験から自分自身の人間関係を学ぶ方法(体験学習)があります。前者は、普遍的な人間関係の原理を整理するために役立ち、後者は自分自身の人間関係の持ち方について、直接的にふりかえり、気づき、自己の成長につなげることが可能となります。この授業では、人間関係に関わる実習を授業で実施し、その体験を通して自分自身の他者との関わり方の理解に取り組みます。

【到達目標】
・体験から学ぶという学び方が理解できている。
・自分自身のコミュニケーションやグループの中での他者との関わり方の特徴に気づいている。
・行動目標を設定し、それに取り組むことを通して、自己成長に取り組むことができている。

【授業計画】
この授業は2コマ連続(縦置き)で実施されます。
授業は、(1)人間関係の「実習の体験」、(2)その実習での自分や他者の言動・影響関係についての「ふりかえり」、(3)学びを促進するための「小講義」、から構成されています。実習形式を中心に進めていきます。なお、この授業では、「コーチング・トリオ」を実施します。「コーチング・トリオ」は、あらかじめ割り当てられた3人がこの授業の中で3~4回集まり、お互いに成長を支援しあうものです。
各回の授業内容は以下の通りです。
第1回 1.イントロダクション(この授業の特徴について)
    2.体験学習を体験する(典型的なグループ実習の実施)
第2回 3.コーチング・トリオづくり
    4.小講義「体験学習とは」、この授業での各自のねらいの設定
第3回 5.コミュニケーション実習
    6.小講義「コミュニケーションのプロセス」
第4回 7.小講義「フィードバックの留意点」
    8.コーチング・トリオ実習
第5回 9.グループでの問題解決実習(1)[グループワークの実施]
    10.グループでの問題解決実習(2)[ふりかえり]
第6回 11.小講義と実習「ラボラトリー方式の体験学習をより理解するために」
    12.コーチング・トリオ実習
第7回 13.グループでのコンセンサス実習(1)[課題の実施]
    14.グループでのコンセンサス実習(2)[ふりかえり]
第8回 15.この授業のまとめ

【授業時間外の学習 (準備学習等)】
テキストの指定された章を熟読してくること。次週までに読む必要がある章はその前の週の授業時に伝えます。
テキスト・参考文献 津村俊充・山口真人(編) 人間関係トレーニング(第2版)──私を育てる教育への人間学的アプローチ── ナカニシヤ出版
試験・評価方法 授業および実習への参加度(50%)、レポートの内容(50%)によって評価します。評価はPF方式によって行います。なお、体験学習で進めるため、実習への体験を重要視します。そのため、欠席が全授業数の1/6を超えた場合は、体験の不足を補うための追加課題の提出を求めます。
別途必要な経費
その他特記事項 この講義は、初回授業後にクラス分けを行います。
体験学習方式は、学生の皆さんが主体的に参加し、自ら学ぶ教育方法です。ふりかえりの際には、他の学生からあなた自身の特徴についてフィードバックを受ける機会もあります。他者との関わりの中での自分を見つめたい方に最適です。
科目名(英語) Introduction to Human Relations
その他 <お問い合わせ先>
 南山大学・教務課
 tel.  :052-832-3117
 メール:n-kyomu@nanzan-u.ac.jp

pagetop