シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

英語連続セミナー

開設大学 愛知県立大学
科目コード 290501
担当教員 カールソン、ロジャー
学年配当 1年, 2年, 3年, 4年
単位数 2単位
曜日 月曜
開講期間 後期
開講時間割1 4限 14:30 ~ 16:00
教室 長久手キャンパス
募集時期 4月, 9月
開講期間 10/2~2/2
講義概要 21世紀の社会は、様々な人的・物的交流が世界的規模で行われています。一方、私達を取り巻く課題は複雑化し、その対応・解決にはグローバルな視点が求められています。そのような状況下で、英語は国際的な共通語として実質的に中心的な役割を果たしており、この社会で活躍していく皆さんには、多様な背景をもつ人たちと英語でコミュニケーションをとる能力の向上が求められています。本講義では、仕事や生活の場で英語をコミュニケーション・ツールとして使っている方々から、体験や研究などに基づいた講演を聞きます。その後、質疑応答と受講生による英語エッセイへの取り組みにより、講演内容に対する理解を深めていきます。このような取り組みを通して、グローバルな視野と英語によるコミュニケーションへの積極的態度を養います。

第1回:イントロダクション
第2回:学外講師(1)による英語講演、質疑応答、受講生による英文エッセイ提出
第3回:学外講師(2)による英語講演、質疑応答、受講生による英文エッセイ提出
第4回:学外講師(3)による英語講演、質疑応答、受講生による英文エッセイ提出
第5回:学外講師(4)による英語講演、質疑応答、受講生による英文エッセイ提出
第6回:学外講師(5)による英語講演、質疑応答、受講生による英文エッセイ提出
第7回:学外講師(6)による英語講演、質疑応答、受講生による英文エッセイ提出
第8回:受講生によるグループディスカッション
第9回:学外講師(7)による英語講演、質疑応答、受講生による英文エッセイ提出
第10回:学外講師(8)による英語講演、質疑応答、受講生による英文エッセイ提出
第11回:学外講師(9)による英語講演、質疑応答、受講生による英文エッセイ提出
第12回:学外講師(10)による英語講演、質疑応答、受講生による英文エッセイ提出
第13回:学外講師(11)による英語講演、質疑応答、受講生による英文エッセイ提出
第14回:学外講師(12)による英語講演、質疑応答、受講生による英文エッセイ提出
第15回:まとめ及び最終レポート課題についての解説

毎回の授業は次のような内容で構成されます。
Introduction: 5 minutes
Warm-up question(s): 5 minutes
Presentation by the guest speaker: 50 minutes
Questions and answers: 20 minutes
Essay writing: 10 minutes

外部講師と講演タイトルについては後日UNIPA等で発表します。 
テキスト・参考文献 講師によるハンドアウト等。
試験・評価方法 提出された英文エッセイ:40%、期末レポート:30%、授業中の質問回数とベストエッセイに選ばれた回数:30% 
別途必要な経費 特になし
その他特記事項 提出された英文エッセイの中からベストエッセイを10編程度教養教育センターのホームページにアップするので、毎回、それらを読んで授業に臨んで下さい。
http://www.bur.aichi-pu.ac.jp/kyoyokyoiku/subject/seminar.html
(愛知県立大学ホームページ⇒センター・研究所⇒教養教育センター⇒特色ある科目(英語連続セミナー)⇒ 回をクリックすると見ることができます) 
科目名(英語) English Seminars
使用言語 英語

pagetop