シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

研究各論(イギリスの歴史)

開設大学 愛知県立大学
科目コード 290505
担当教員 大野 誠(外国語学部教授)
学年配当 2年
単位数 4単位
曜日 金曜
開講期間 通年
開講時間割1 2限 10:30 ~ 12:00
教室 長久手キャンパス
募集時期 4月
開講期間 4/10~8/4
10/2~2/2
講義概要 <前期>「イギリス」の概念を確認したのち、先史時代からピューリタン革命までの歴史を概観する。前期のハイライトは、ノルマン・コンクェストと宗教改革である。 
第1回 ガイダンス・序 「イギリスとは」                   
第2回 先史時代のブリタニア
第3回 ローマン・ブリテン                         
第4回 民族の大移動とイングランドの成立
第5回 ウェールズとスコットランドの成立                      
第6回 ヴァイキングの来襲
第7回 ノルマン・コンクェスト                         
第8回 諸侯の反乱と議会の萌芽
第9回 百年戦争とバラ戦争                           
第10回 宗教改革(1) ヘンリ8世の時代
第11回 宗教改革(2) エリザベス1世以前の時代                               
第12回 国教会体制の確立
第13回 ピューリタン革命(1) 国王裁判まで                     
第14回 ピューリタン革命(2) クロムウェルの時代
第15回 まとめ

<後期> 王政復古、名誉革命、産業革命から大英帝国の成立と崩壊、第二次大戦後の社会福祉国家など、近代以降のイギリスの歩みを幅広く学ぶ。
第1回 王政復古                              
第2回 名誉革命
第3回 近代イギリスの社会構成                       
第4回 「第二の百年戦争」の時代 
第5回 第一次帝国形成                            
第6回 産業革命
第7回 改革の時代                               
第8回 中産階級の文化と生活 
第9回 第1回万国博覧会                          
第10回 パクス・ブリタニカの時代 
第11回 二つの世界大戦                            
第12回 現代イギリス史(1) 合意の政治
第13回 現代イギリス史(2)  サッチャー政権とその後                    
第14回 特別講義「インドとイギリス」(仮題)
第15回 まとめ

  *第14回の授業は、名古屋市立大学の木谷名都子准教授が担当する予定。
   この授業は、県大・名市大連携事業の一つとして実施される。
 


テキスト・参考文献 近藤和彦『イギリス史10講』(岩波新書、2013年) 適宜指示する。
試験・評価方法 <前期>
期末試験(100点)の成績による。
<後期>
1) 期末試験(90%、何を持ち込んでもよい)。
2) 第14回目の特別講義についてのレポート(10%)
3) 外務省セミナー(10月25日(水)午後、南山大学)に参加した場合は最大10点まで加点する。
1)~3)の合計で評価する。 
別途必要な経費 特になし
その他特記事項 この授業は、予習よりは復習に重点を置いた方がいい。毎回行ってほしいのは、授業の前日までに、前回の授業中に配布されたプリントに必ず目を通すことである。前期、後期 通年で履修することが望ましい。 
科目名(英語) Lecture (British History)

pagetop