シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

研究概論(フランス語圏社会)

開設大学 愛知県立大学
科目コード 290507
担当教員 天野 知恵子(外国語学部教授)
学年配当 1年
単位数 2単位
曜日 火曜
開講期間 後期
開講時間割1 4限 14:30 ~ 16:00
教室 長久手キャンパス
募集時期 4月, 9月
開講期間 10/2~2/2
講義概要 古代・中世については、「フランス語」や「ワイン」や「カトリック」など、フランスを作ったと言えるキーワードを軸に簡潔に概観していく。17世紀以降については、少し詳しく説明する。具体的には、「絶対主義」とは何だったのか、革命とナポレオンはフランスに何をもたらしたのか、政変が多発する19世紀とはどんな時代だったのか、第一次世界大戦はどのように戦われたのか、第二次世界大戦期のフランス社会はいかなる状況だったのか、ということである。 
第1回 フランスの成り立ち      
第2回 ガリアからフランスへ 
第3回 中世のフランス王国       
第4回 主権国家体制の成立
第5回 アンシャン・レジームの国家 
第6回 アンシャン・レジームの社会 
第7回 フランス革命のはじまり      
第8回 フランス革命がもたらしたもの   
第9回 ナポレオンとヨーロッパ      
第10回 19世紀前半の国家と社会
第11回 19世紀後半の国家と社会  
第12回 第三共和政と国民国家の成立
第13回 第一次世界大戦とフランス 
第14回 第二次世界大戦とフランス 
第15回 まとめ
定期試験  
テキスト・参考文献
福井憲彦編『フランス史』(山川出版社) 

試験・評価方法 定期試験の結果(80%)に、毎時間出席確認を兼ねて提出してもらう質問・復習カードの結果(20%)を加味する。 
別途必要な経費 特になし
その他特記事項 授業後、配られたプリントをもう一度読み、復習しておくこと。また、参考文献として用いる福井憲彦編『フランス史』の該当部分にしばしば目を通し、理解を確実なものにしておくこと。  
教科書を用いないで授業を行うため、授業中十分に注意を払っていないと、話の流れがわからなくなる。そんなことのないよう、心して臨むこと。 
科目名(英語) Introduction to French Society

pagetop