シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

研究概論(フランス語学)

開設大学 愛知県立大学
科目コード 290508
担当教員 長沼 圭一(外国語学部教授)
学年配当 1年
単位数 2単位
曜日 水曜
開講期間 後期
開講時間割1 2限 10:30 ~ 12:00
教室 長久手キャンパス
募集時期 4月, 9月
開講期間 10/2~2/2
講義概要 フランス語という言語について、その成立、歴史、音、語彙、文法など、さまざまな面から考察する。考察は、ときに英語や日本語など他言語との比較に及ぶ。
第1回:ガイダンス
第2回:世界の中のフランス語 (1)ー「サボる」はフランス語?
第3回:世界の中のフランス語 (2)ーフランス語はフランスの公用語?
第4回:フランス語史 (1)ー80はなぜ quatre-vingts (4×20)?
第5回:フランス語史 (2)ーフランス語は明晰か?
第6回:音声学・音韻論 (1)ーfemme と書いてなぜ「ファム」と読む?
第7回:音声学・音韻論 (2)ーaime-t-il になぜ t が入る?
第8回:形態論 (1)ーgrand-mère の grand はなぜ男性形?
第9回:形態論 (2)ーchapeau の複数形はなぜ chapeaux?
第10回:形態論 (3)ー命令法の chante はなぜ s が落ちる?
第11回:統辞論 (1)ーje t'aime はなぜSOV?
第12回:統辞論 (2)ーhomme grand と grand homme は違う?
第13回:意味論 (1)ーdéjeuner は元々「朝食」?
第14回:意味論 (2)ーtemps は「時間」か「天気」か?
第15回:まとめ 
テキスト・参考文献 朝日出版社『フランス語を知る、ことばを考える』(石野好一著)
駿河台出版社『フランス語学概論』(髭郁彦、川島浩一郎、渡邊淳也著)
駿河台出版社『フランス語学小事典』(髭郁彦、川島浩一郎、渡邊淳也編著) 
試験・評価方法 授業への参加度(30%)およびレポート(70%)をもとに総合的に評価する。
別途必要な経費 特になし
その他特記事項 講義形式であるため、特に予習の必要はないが、こまめに復習して、自分なりに関心のあることがらを整理しておくことが望ましい。
内容については多少変動があり得る。
科目名(英語) Introduction to French Linguistics

pagetop