シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

国際ボランティア論

開設大学 桜花学園大学
科目コード 292002
担当教員 成田 弘成(学芸学部)
学年配当 3年, 4年
単位数 1単位
曜日 月曜
開講期間 前期
開講時間割1 4時限 14:50 ~ 16:20
教室 7号館723教室(予定)
履修条件 特になし
募集定員 10
募集時期 4月
開講期間 4/10~7/28
講義概要 授業概要と方法
国際ボランティアの実像、意義、そして内容についての理解を深め、社会現象としての国際ボランティア活動を学ぶ。国際援助、技術協力の具体的な方法、必要な理論・方法・技術についても学ぶ。また食料援助や感染症対策などの具体的事例を分析しながら、グローバルに変化する時代のボランティアの立場についての理論と実践的知識を修得し、将来に向けた展望を持てることを目指す。
1 開発援助の目標:ミレニアム開発目標
2 ODAとNGO: 日本のJICAを中心に
3 プランテーション農業と南北問題
4 食料援助ビジネス: アメリカが始めた開発援助の時代
5 フェアトレードの可能性1
6 フェアトレードの可能性2
7 貧困とビジネス1
8 貧困とビジネス2
9 貧困と教育: ユニセフのアプローチから
10 マザーテレサの精神
11 グローバリゼーション、環境、感染症
12 災害とボランティア
13 開発におけるヒーローたち1
14 開発におけるヒーローたち2
15 まとめ
16 なし
テキスト・参考文献 必要に応じ資料を配布する。
試験・評価方法 受講者は授業ごとに、内容のまとめと感想を求められ、リフレクションを中心とした教員と受講者の間のコミュニケーションが重視される。またプレゼンテーションを含めた小テストや期末レポートの提出を求める。
配点は、「授業への参加態度30% 小テスト30% 期末レポート40%」。
別途必要な経費
その他特記事項 毎週、予習範囲を指定するので、事前に資料を読み、予備知識を持つこと。授業後は、当日のテーマ内容にそって、出来るだけ多くの関連資料をメディア等で検索し、その成果を発表できるように心掛けること。
科目名(英語)

pagetop