シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

アジア言語入門1

開設大学 名古屋学院大学
科目コード 293517
担当教員 佐伯 奈津子
学年配当 2年
単位数 1単位
曜日 月曜
開講期間 春学期
開講時間割1 5限 16:45 ~ 18:15
教室 名古屋キャンパス白鳥学舎曙館404教室
履修条件 2年生以上
募集定員 若干名
募集時期 4月
開講期間 4/5~7/24
講義概要 「人はおらん(orang)」
「ご飯はなし(nasi)」
「魚はいかん(ikan)」
「菓子を食え(kue)」
アルファベットで表記し、発音しやすいインドネシア語は、短期間でマスターしやすい言語です。もともとはマレー社会(現在のインドネシア、マレーシア、シンガポール、ブルネイ、タイ南部、フィリピン南部)の交易語であり、共通語として学ばれ、話されていたため、時制の変化や格(主格・所有格・目的格)の区別がないなど、文法が比較的簡単だからです。
視聴覚資料などを教材に、インドネシアの暮らしを学びつつ、旅行でつかえるインドネシア語を身につけます。
1. 文字と発音、基本のあいさつ
2. 自己紹介する
3. 機内にて
4. 空港にて
5. 両替所にて
6. タクシーにて
7. ホテルにて
8. レストランにて
9. 映画鑑賞
10. エステにて
11. ショッピングモールにて
12. 電話をかけたい!
13. 道に迷った!
14. 病気になった!
15. スマホが盗まれた!
16. 定期試験期間
テキスト・参考文献 【教科書】
授業中に適宜指示する。
【参考書】
『旅の指さし会話帳②インドネシア インドネシア語』 武部洋子 情報センター出版局 2011
『最新インドネシア語小辞典』 佐々木重次 2013
『最新インドネシア語小辞典』は、書店では購入できないため、希望者の分をまとめて注文する。
試験・評価方法 授業態度(40%)、学期中小テスト(60%)
別途必要な経費 特になし
その他特記事項 【学習到達目標】
・インドネシア語で最低限の日常会話ができるようにする。
【履修上の注意】
2017年度は「アジア言語入門1」で会話、「アジア言語入門2」で文法を学びます。
語学は日々の積み重ねなので、1回でも欠席すると、授業についていくのがたいへんです。毎回出席するようにしてください。
インドネシア中長期留学を検討している学生は、必ず履修してください。
愛知県は、日本でもっとも多くのインドネシア人が住む地域です。授業以外にも、インドネシア人と交流したり、インドネシアの文化に触れる機会を設けるので、積極的に参加してください。
【事前事後学習】
授業で出てきた新しい単語をその週のうちに覚えられるよう、少ない時間でも毎日、インドネシア語に触れる。
科目名(英語) Introduction to Asian Languages 1

pagetop