シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

ラテン語I文法2

開設大学 南山大学
科目コード 294403
担当教員 松根 伸治(人文学部教授 )
学年配当 1年, 2年, 3年, 4年
単位数 1単位
曜日 月曜, 木曜
開講期間 春学期
開講時間割1 4限 15:15 ~ 16:45
教室 L13教室
履修条件 文法・講読を同時に受講できる人に限定。秋学期のみの受講も不可。<br />教科書(3,456円)と辞書(6,480円)のため、1万円近くの教材費がかかる(価格は2016年11月現在)。
募集定員 5
募集時期 4月
開講期間 4/6~5/31
講義概要 【授業概要】
この授業は講義および演習形式で行われます。ラテン語はかつてヨーロッパで広く用いられていた言語で、今日のイタリア語・スペイン語・ポルトガル語・フランス語などの祖先にあたります。現在では日常生活でこの言語を使う人はいませんが、多くのすぐれた文学や思想がラテン語で書かれて私たちに残されています。この科目ではラテン語文法の基礎を初歩から丁寧に学びます。授業では課題の確認(答えあわせ)を中心に教科書を順に進みます。西洋文化に関心のある人、多くの言語を身につけたい人、大学で少し珍しいことを勉強しておきたい人など、興味とやる気があれば誰でも歓迎します。

【到達目標】
・名詞・形容詞の基本的変化を身につけている。
・動詞の現在形人称変化を身につけている。

【授業計画】
1. イントロダクション(初回は予習の必要なし)
2. 発音とアクセント
3. 格の用法(主格・対格・奪格)1
4. 格の用法(主格・対格・奪格)2
5. 形容詞 1
6. 形容詞 2
7. 前置詞
8. 受動態
9. 名詞・形容詞の複数形 1
10. 名詞・形容詞の複数形 2
11. 格の用法(属格)
12. 格の用法(与格)
13. 不定法
14. 動詞の人称変化のまとめ 1
15. 動詞の人称変化のまとめ 2

【授業時間外の学習 (準備学習等)】
次回範囲の予習と変化表の暗唱が必須。

テキスト・参考文献 「文法」と「講読」共通で、一年間通して使用します。
[教科書]M. アモロス『ラテン語の学び方』(南窓社):初回授業までに教科書を準備しておくこと。
[辞書]水谷智洋編『羅和辞典 改訂版』(研究社):辞書は他のものでも可。
試験・評価方法 授業参加度(50%)と期末試験(50%)
別途必要な経費
その他特記事項
科目名(英語) Latin I: Grammar
その他 <お問い合わせ先>
 南山大学・教務課
 tel.  :052-832-3117
 メール:n-kyomu@nanzan-u.ac.jp

pagetop