シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

日本とグローバル人材

開設大学 名城大学
科目コード 294906
担当教員 アーナンダ クマーラ(外国語学部 教授)
学年配当 1年, 2年, 3年, 4年
単位数 2単位
曜日 水曜日
開講期間 後期
開講時間割1 2限 10:50 ~ 12:20
教室 ナゴヤドーム前キャンパス北館DN301講義室
履修条件 特になし
募集定員 10
募集時期 4月
開講期間 9/14~1/16
講義概要 [授業の概要と目的]
企業、事業所、組織などでグローバルに活躍する方々をゲストスピーカーとして招き、社会のグローバル化が日本とどのような関わりを持ちながら、実社会において進展しているかについて理解を深めます。グローバル化した社会を身近な現実として認識させることにより、言語の習得をはじめ、将来必要となる幅広い分野に対する学習意欲の向上を図る。また、企業や地方自治体など実際の現場で求められる「グローバル人材」の資質についての認識を深め、自らの行動や将来のキャリアの可能性を考察するための一助とすることを目的とします。

[到達目標]
1.グローバル人材とは何かについての理解を深めること
2.グローバル人材に求められる能力やその特質について理解すること
3.大学生活の中で、自らがこれから工夫するべきことについて理解すること

[授業計画]
1.「グローバル人材時代とは何か」(アーナンダ クマーラ)
2.「私のグローバル人生―世界はおもしろい―」」(福岡大学客員教授、グローバル人材育成教育学会 会長 小野 博)
3.「海外で活躍する日本人」(ラジオDJ/JICA中部なごや地球ひろばオフィシャルサポーター、チャイルドボディセラピスト 空木 マイカ)
4.「企業からのグローバル人材への期待」(一般社団法人 GLOBAL88会長 八木 智裕)
5.「内なるグローバル社会という歴史の転換点に立って思うこと」(アバンセコーポレーション 代表取締役 林 降春)
6.「日本の政府開発援助の概要とJICA」(JICA中部国際センター所長)(予定)
7.「国際労働移動からみるグローバル人材」(アーナンダ クマーラ)
8.「日本企業が海外企業の傘下になった時にどう行動すべきか」(住友理工株式会社 CSR・社会貢献室長 ㈱住理工ジョイフル 代表取締役社長 戸成 司朗)
9.「グローバル化の中の多文化共生の意味とは」(調整中)
10.「発展途上国における飲み水」(日本ヒューム 顧問、名古屋環未来研究所代表理事、名古屋市立大学特任教授 山田 雅雄)
11.「地球とのフェアトレード~地域と世 界を、そして今と未来をつなぐ~」(フェアトレード名古屋ネットワークFTNN代表、一般社団法人 日本フェアトレード・フォーラム理事、JICA中部オフィシャルサポーター 原田 さとみ)
12.「グローバル人材になるために、一人一人がこれから考えるべきこと」(アーナンダ クマーラ)
13.「グローバル時代における地方自治体の国際連携」(名古屋市市長室 国際交流課 国際連携課長 伊藤 毅)
14.「持続可能な世界を一緒に作っていきましょう」(国際連合地域開発センター所長 高瀬 千賀子)
15.「グローバル化と高等教育」(東京工業大学 国際教育研究協働機構 国際連携推進部門 特任教授 太田 絵里)
テキスト・参考文献 特になし。必要に応じて適宜資料配布します。
試験・評価方法 各講義の後に、レポート(テスト扱い)を提出してもらいます。(ア)授業態度40%(イ)小レポート20点(ウ)期末レポート40%で、総合的に考慮して成績評価を行います。
別途必要な経費
その他特記事項
科目名(英語) Japan and Global Human Resources

pagetop