シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

食品機能学

開設大学 名古屋経済大学
科目コード 293707
担当教員 太田 和徳(人間生活科学部准教授)
学年配当 3年, 4年
単位数
曜日 火曜
開講期間 後期
開講時間割1 5限 16:40 ~ 18:10
教室 未定
募集時期 4月, 9月
開講期間 9/21~1/23
講義概要 食品には、生命活動維持に不可欠な栄養素以外にも疾病予防や健康増進といった生体調節作用を示す機能性成分が含まれている。本講義では、これらを作用別に分類し、どの食品にどのような機能性成分が含まれているのか、どのように作用しているのかについて学習する。また特定保健用食品の制度と取扱いをはじめ、その科学的根拠(エビデンス)に基づいた機能について検討する。

第1回 機能性の科学ー基本的な考え方と評価手法
第2回 機能性食品とは
第3回 健康機能性を有する成分・素材(アミノ酸、たんぱく質、ペプチド)
第4回 健康機能性を有する成分・素材(糖質、食物繊維、オリゴ糖)
第5回 健康機能性を有する成分・素材(脂質、脂肪酸、ビタミン、ミネラル)
第6回 栄養・健康表示の制度と科学(特定保健用食品、栄養機能食品)
第7回 栄養・健康表示の制度と科学(機能性表示食品、栄養成分表示)
第8回 機能性表示の科学(整腸作用、血糖調節作用)
第9回 機能性表示の科学(脂質代謝調節作用、体重調節作用)
第10回 機能性表示の科学(抗酸化作用、免疫調節作用)
第11回 機能性表示の科学(心臓血管調節作用、脳精神調節作用)
第12回 機能性表示の科学(骨の健康維持作用、歯の健康維持作用)
第13回 機能性表示の科学(皮膚の健康維持作用)
第14回 機能性表示の科学(身体能力維持作用)
第15回 総括

テキスト・参考文献 改訂 食品機能学(建帛社)
試験・評価方法 出席と授業態度、レポート、定期試験等から総合的に評価する。
別途必要な経費 なし
その他特記事項
科目名(英語) Functional Food Science

pagetop