シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

調理学

開設大学 名古屋女子大学
科目コード 294101
担当教員 小出 あつみ(家政学部教授)
学年配当 1年, 2年, 3年, 4年
単位数 2単位
曜日 金曜
開講期間 前期
開講時間割1 1.2限 09:00 ~ 10:30
教室 南3号館 304教室
履修条件 女子学生に限る
募集定員 若干名
募集時期 4月
開講期間 4/12~8/4
講義概要 調理とは、安全・栄養・嗜好を考慮し、食品を美味しく食べるための課程であるが、食に係わるには、食事摂取対象者に求められる個人の食事摂取基準の設定に関する知識や、調理操作による食材の組織・物性ならびに食感、栄養価、生体利用性、生理機能性の変化に関する知識が求められる。幅広い知識を学ぶことにより、次世代の食生活の担い手となりえる力を習得し、実践できる応用力を身につけることを目的とする。

1. 食物の持つ可能性、調理学の目的と意義
2. 食事計画(食事構成・献立作成)、食文化
3. 食べ物の嗜好性ー美味しさの仕組み、調理操作
4. 調理操作と調理器具ー非加熱調理・加熱調理
5. 調理操作(調味と調味料)・調理器具(冷蔵庫、新調理システム)
6. 植物食品の調理性・米の調理
7. 植物食品の調理性・小麦の調理
8. 植物食品の調理性・いも類・豆類の調理
9. 植物食品の調理性・野菜類、果物類の調理
10. 植物食品の調理性・種実類、キノコ類、藻類の調理 
11. 動物性食品の調理・魚介類の調理
12. 動物性食品の調理・肉類の調理
13. 動物性食品の調理・卵の調理
14. 動物性食品の調理・牛乳と乳製品の調理
15. 抽出食品の調理性・砂糖、油脂、寒天、ゼラチンの調理
テキスト・参考文献 最新 調理学ー基礎と応用 高木節子・加田静子編 朝倉書店
試験・評価方法 アクティブラーニングによる結果を示す課題レポート(10点×3回)、期末試験(50点)。ポートフォリオに十分な内容を記録する(20点)、合計100点としてSABC評価は大学の基準による。
別途必要な経費 なし
その他特記事項
科目名(英語) Science of Cookery

pagetop