シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

衣環境学

開設大学 名古屋女子大学
科目コード 294103
担当教員 間瀬 清美(家政学部教授)
学年配当 1年, 2年, 3年, 4年
単位数 2単位
曜日 水曜
開講期間 前期
開講時間割1 3.4限 10:40 ~ 12:10
教室 南3号館 304教室
履修条件 女子学生に限る
募集定員 若干名
募集時期 4月
開講期間 4/12~8/4
講義概要 外環境の暑さ、寒さから、人体を守るための被服の着用の仕方を考える。人体‐被服‐環境の関連を人間の着用快適性を主眼において講述し、不快感が少なくなるよう環境に対応した被服のあり方を解説していく。人体生理を理解し、その上で人体と温熱環境、被服による気候調節を配慮したより良い着心地を得るための着用の特性について考える。具体的な内容は以下のとおりである。
1.衣環境学の意義と目的 2.被服と人体生理
3.体温調節のしくみ  4.皮膚の構造と機能                                                                                                 5.人体と温熱環境  6.温熱測定と評価                                                                                    7.被服による気候調節・被服気候   8.被服の運動機能性
9.乳幼児や高齢者の衣環境
10.被服の人体影響(衣服圧、細菌汚染等)
11.被服の人体影響(皮膚、肌着の汚染、皮膚障害、静電気等)
12.各種の被服(スポーツウエア等)
13.各種の被服(農作業服、特殊服等)
14.下着・寝衣の役割と条件
15. アパレルと環境(クールビズ、ウォームビズ、熱中症等)                                                                                                  
テキスト・参考文献 「衣環境の科学」田村照子編著(建帛社)
試験・評価方法 小試験(60%)、レポート(20%)、学修ポートフォリオによる予習・復習(10%)、授業参加態度(10%)で計100%とする。
別途必要な経費 「特になし」
その他特記事項 「特になし」
科目名(英語) Textile Environment Study

pagetop