シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

コンピュータアーキテクチャⅠ

開設大学 名古屋工業大学
科目コード 290307
担当教員 船瀬 新王(工学研究科准教授)
学年配当 2年
単位数 2単位
曜日 火曜
開講期間 前期
開講時間割1 3・4時限 10:30 ~ 12:00
教室 御器所キャンパス5238教室
募集定員 若干名
募集時期 4月
開講期間 4/11~7/25
講義概要 授業の目的・達成目標
コンピュータのハードウエア的およびソフトウエア的な動作、およびその繋がりについて学習する。本授業は、ユーザからはソフトウエアしか見えないコンピュータを、ハードウエアとハードウエアをコントロールするソフトウエアという観点から解説することにより、情報技術者としての基礎的な知識を習得することを目的とする。
授業計画
1.イントロダクション
2.性能と電力(~1.8)
3.命令:演算とオペランド(~2.3)
4.命令:符号付き数と命令表現(~2.5)
5.命令:論理演算と条件判定命令(~2.7)
6.命令:C言語と手続き呼び出し(2.8 + α(C言語知識の補足))
7.命令:プログラムの翻訳と起動(2.10, 2.12)
8.命令:配列とポインタ(2.13, 2.14)
9.算術演算:加減算,乗算(~3.3)
10.算術演算:除算(3.4)
11.算術演算:浮動小数点演算(3.5)
12.基本的な算術論理演算ユニット(B.5, B.6?)
13.プロセッサ:データパスの構築(4.1~4.3)
14.プロセッサ:単純な実装方式(4.4)
15.まとめ
16.期末試験

括弧の中身は教科書の章立てに一致します.
テキスト・参考文献 教科書:パターソン&ヘネシー:”コンピュータの構成と設計(上)” 日経BP社
参考書:パターソン&ヘネシー:”コンピュータの構成と設計(下)” 日経BP社
試験・評価方法 成績評価の方法:レポートおよび定期試験
成績評価の基準:レポート提出20点、試験80点とし、60点以上を合格とする。なお出席率が70%未満(遅刻は出席0.5回とカウント)の場合、もしくは出欠調査で不正を行った場合は、試験の受験資格を失う。
別途必要な経費
その他特記事項 履修にあたっての注意:広範囲の授業を行うので、予習復習は”必須”である。
科目名(英語) Computer Architecture 1

pagetop