シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

管理工学

開設大学 名古屋工業大学
科目コード 290329
担当教員 神田 幸治(工学研究科准教授)
学年配当 3年
単位数 2単位
曜日 金曜日
開講期間 後期
開講時間割1 1・2時限 08:50 ~ 10:20
教室 御器所キャンパス1222教室
募集定員 5
募集時期 4月, 9月
開講期間 10/6~2/16
講義概要 授業の目的・達成目標
【授業の目的】
 最近の経済をはじめとする様々な環境の急激な変化にともない,工学技術者は専門とする工学分野だけでなく,経営の点からものごとを見ることが非常に重要となってきている。本講義では,経営学,経営工学等の視点から,ひと,もの,かね,情報といった要素をもとに,企業経営からものづくり,組織や人の管理にいたるまで,さまざまな対象への解決のためのアプローチ手法や考え方を紹介する。
【達成目標】
・工学技術者として知っておくべき経営学,経営工学の考え方を説明できる。
・経営システム上の種々の問題に対して,適切なアプローチ方法を選択できる。
・自らの専門分野を,生産システム,経営システムの広い視点から位置づけることができる。
授業計画
経営システム工学に関するひと,もの,かね,情報の各要素より,以下のテーマについて都市社会工学科教員による1コマ完結のオムニバス授業を行なう。順不同。
1. 待ち時間の科学
2. 変化をつかまえるとは
3. 現場改善起点の経営戦略
4. 組織と集団の社会学
5. 企業を取り巻く環境変化
6. 品質を管理するとは
7. 生産管理システム
8. マネジメントとこころの科学
9. 不安全行動を管理する前に
10. 問題解決とシステムづくり
11. プロジェクトマネジメント
12. 想定外事象とリスクマネジメント
13. マーケティング
14. 統計的データ解析
15. ERPで学ぶ企業情報プロセス
テキスト・参考文献 教科書:授業中に指示する
参考書:授業中に指示する
試験・評価方法 成績評価の方法:各回に実施される小レポートあるいは試験で評価する。
成績評価の基準:14回の授業で毎回実施されるレポートあるいは試験の得点ウェイトは均等であり,その平均(合計)が60%以上の得点率を合格とする。
別途必要な経費
その他特記事項 授業内容と受講生自身の専門分野とを関係づけながら受講すること。
科目名(英語) Management Engineering

pagetop