シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

計測制御工学

開設大学 豊橋技術科学大学
科目コード 290408
担当教員 田中 三郎
学年配当 3年, 4年
単位数 2単位
曜日 金曜日
開講期間 後期
開講時間割1 5限 16:20 ~ 17:50
教室 A2-301
募集時期 9月
開講期間 10/13~2/16
講義概要 講義前半では計測法、回路設計について講述し、後半では制御工学の基礎を学ぶ。

1-2週目.  計測の基礎、誤差、単位
3-5週目.  電気計器、 電圧計、電流計の原理、デジタル計器の動作
6-7週目.  電圧、電流、抵抗、電界、波形、磁界の計測
8-9週目.  力、歪み、圧力、温度の計測
10-11週目.  演算増幅器(OPアンプの基礎)及び設計法
12-13週目.  制御の基礎 ラプラス変換
14-15週目. 伝達関数、フィードバック理論
テキスト・参考文献 教科書等: 講義進度に応じて参考資料を配布する。
試験・評価方法 レポートおよび演習(20%)と期末試験(80%)の結果により評価する。
評価基準:原則的にすべての講義に出席したものにつき、下記のように成績を評価する。
 A:達成目標の80%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が80点以上
 B:達成目標の70%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が65点以上
 C:達成目標の60%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が55点以上
別途必要な経費
その他特記事項 達成目標:
A.計測の基礎
 (1) 誤差の意味が理解できる。
 (2) 誤差を考慮した単位変換ができる。
 (3) 分解能、ダイナミックレンジなどの意味が理解できる。
B.計測器
 (1) 電圧計、電流計のレンジ拡大法が理解できる。
 (2) デジタル電圧計の原理が理解できる。
 (3) オシロスコープの原理が理解できる。
C.演算増幅器
 (1) 仮想設置、ゲイン、負帰還の意味が理解できる。
 (2) 反転増幅、非反転増幅、差動増幅、加算器などの設計ができる。
D.様々な物理量の計測
 (1)抵抗、温度、波形 磁界、電界などの計測方法が理解できる。
 (2)力、歪み、圧力などの計測方法が理解できる。
E.制御の基礎
 (1) 基本的なラプラス変換、逆変換ができる。
 (2) フィードバック理論が理解でき、伝達関数の計算ができ。
 (3) 基本的は回路のステップ応答が計算できる。
科目名(英語) System Sequencing and Control

pagetop