シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

超分子化学概論

開設大学 愛知工業大学
科目コード 291302
担当教員 釘宮 愼一(工学部教授)
学年配当 2年, 3年, 4年
単位数 2単位
曜日 木曜日
開講期間 前期
開講時間割1 1時限 09:00 ~ 10:30
教室 八草キャンパス 計算センター実習室1
履修条件 特になし
募集定員 若干名
募集時期 4月
開講期間 4/6~7/26
講義概要 超分子はフランスのJ.-M. Lehnが提唱した「分子が非共有結合により秩序をもって組織化することにより新たな機能が産生する」という概念により広く認知されるようになった。現在は生化学における超分子システム論、工学のナノテクノロジー、物理学におけるソフトマターなど様々な領域に使われるようになった。講義では、具体例を使って、超分子を理解する。

1. 高校の教科書にある超分子
2. 共有結合をどのように考えるか
3. 共有結合の理解の仕方
4. 非共有結合とは
5. 非共有結合1:水素結合1
6. 非共有結合2:水素結合2 
7. 非共有結合3:配位結合1 
8. 非共有結合4:配位結合2 
9. 非共有結合5:疎水結合1 
10. 非共有結合6:疎水結合2 
11. 非共有結合7:静電相互作用  
12. 酵素
13. 酵素反応
14. 生体超分子1 情報伝達システム
15. 生体超分子2 光合成システム
テキスト・参考文献 【教科書】実況出版「生体高分子の基礎」 執筆:長谷川慎、石水毅、有馬一成、前田衣織
【参考書】生化学、物理化学、無機化学、有機化学、分析化学、高分子化学のテキストの該当するところを参照すること。
試験・評価方法 課題、レポート及び期末試験を総合して評価する。
別途必要な経費
その他特記事項 履修には、一年次に分子生物学1,2、有機化学1、無機化学1を修得済みが望ましい。また、物理化学、高分子化学、分析化学とも密接な関係にある科目なので、各科目の予習復習も超分子とともに励んでほしい。
科目名(英語) Introduction of Supermolecular Chemistry

pagetop