シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

経営データ解析Ⅱ

開設大学 愛知工業大学
科目コード 291318
担当教員 藤井 勝紀(経営学部教授)
学年配当 2年, 3年, 4年
単位数 2単位
曜日 木曜日
開講期間 後期
開講時間割1 4時限 14:40 ~ 16:10
教室 八草キャンパス 11号館201
履修条件 特になし
募集定員 若干名
募集時期 9月
開講期間 9/21~1/25
講義概要 本講義では、スポーツ・マネジメントに必要なマーケティングの分野で幅広く使われ、重要視されている多変量解析の基礎を身につけるともに、形態情報科学という新たな研究分野の内容の後半に含まれる時系列解析の基本を理解すると共に、その解析手法として多項式、logistic関数、Gompertz関数、spline関数、さらにはウェーブレット解析についての基本的知識を身につける。

1. 受講者に対してデータ解析2の講義概要説明と学習の進め方、テスト方法について説明する。 
2. 多変量解析の基礎的な知識を理解させ、単相関と重相関の算出方法についてエクセルを使用して解説する。 
3. 最小二乗近似多項式の基礎を理解し、最適な次数決定の妥当性を検討する方法を解説する。 
4. 形態情報と時系列解析について、関数適用の背景とその経緯について述べる。 
5. 小テスト実施、時系列解析の方法にはどのような手法が適用されるのか説明する。 
6. 具体的な方法として形態発育情報を取り上げて、Linearモデルを設定する。 
7. 形態発育情報として身長と体重、運動能力との間でアロメトリー解析を適用する。 
8. 曲線モデルの設定として2次以上の多項式適用の方法についてエクセルを使用して解説する。 
9. 曲線モデルの設定としてLogistic関数およびGompertz関数についてエクセルを使用して解説する。 
10. 小テスト実施、spline関数、spline平滑化法についての基礎的な知識を理解する。 
11. ウェーブレット解析についての基礎的な知識を理解する。Part1 
12. ウェーブレット解析についての基礎的な知識を理解する。Part2 
13. 形態情報科学の応用Part1として、女子スポーツ選手の初経遅延について基礎的な理解をする。 
14. 形態情報科学の応用Part2として、女子スポーツ選手の初経遅延とその後の月経異常について述べる。 
15. 定期試験 
テキスト・参考文献 【教科書】『発育発達への科学的アプローチ』藤井勝紀(三恵社)
【参考書】『体育学・スポーツ科学事典』(平凡社)
試験・評価方法 レポート(3回)、小テスト(2回)、及び定期試験(総合レポート)による総合評価を行う。成績評価の配分は出席30%、レポート10%、小テスト20%、定期試験40%とする。レポート未提出や小テストを受けない場合は不合格の対象になる。
別途必要な経費
その他特記事項 1. 授業では理解を早めるためにパソコンプロジェクター等を使用するため、それらを見ながらポイントになる点を配布プリントやノートにメモすること。その内容を講義の板書ノートに加える形で自分なりにまとめて復習してほしい。
2. 試験のレポート課題は特に重要であるため、自分で充分に調査して、図を加えて文章にまとめてほしい。これにより、文章表現力やプレゼンテーション能力も身につく。
科目名(英語) Management Data Analysis 2

pagetop