シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

環境工学Ⅱ

開設大学 愛知産業大学
科目コード 291406
担当教員 宇野 勇治(造形学部准教授)
学年配当 2年, 3年, 4年
単位数 2単位
曜日 金曜日
開講期間 後期
開講時間割1 1限 09:30 ~ 11:00
教室 4401教室、3304教室
募集定員 10
募集時期 9月
開講期間 9/22~1/26
講義概要 快適な生活空間を形成する上で日照の確保は欠かせません。冬季の日射活用や夏季の日射遮蔽はサスティナブルデザインにつながる手法でもあります。また、音響や騒音防止に関する基礎知識や安全な空気質を確保するための換気計算手法なども修得します。さらに、ここまでに学んだ環境を表現したりコントロールするための知識をふまえ、地球環境や都市環境に配慮した建築を考えてゆく上で求められるデザイン手法についても講述します。
具体的な内容は以下の通りです。
1. 日射と日影(1)日差しと日影
2. 日射と日影(2)太陽位置と日影
3. 日射と日影(3)日影曲線
4. 日射と日影(4)日射のコントロール・日影規制
5. 音環境(1)音の伝わり方/表現方法
6. 音環境(2)騒音とは / 騒音対策
7. 音環境(3)音響計画
8. 換気と通風(1)空気質
9. 換気と通風(2)必要換気量
10. 環境デザイン(1)地球環境問題
11. 環境デザイン(2)都市における環境問題
12. 環境デザイン(3)気候風土とサスティナブルデザイン
13. 環境デザイン(4)環境性能の評価手法
14. 環境デザイン(5)パッシブデザインとアクティブデザイン
15. 定期試験
16. まとめ、振り返り
テキスト・参考文献 教科書:『やさしい建築環境』辻原万規彦監修、(学芸出版社)
参考書:『建築環境工学 -環境のとらえ方とつくり方を学ぶ』堀越哲美ほか、(学芸出版社)
『省エネ・エコ住宅設計究極マニュアル 増補改訂版』野池政宏、(エクスナレッジ)
試験・評価方法 学習過程評価と学習成果評価(レポート)で評価します。
別途必要な経費 特になし
その他特記事項 特になし
科目名(英語) Environmental Engineering II

pagetop