シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

熱力学

開設大学 豊田工業大学
科目コード 293102
担当教員 鈴木 健伸 准教授
学年配当 2年
単位数 2単位
曜日 月曜日
開講期間 前期
開講時間割1 2限 10:30 ~ 12:00
教室 未定
履修条件 なし
募集定員 10
募集時期 4月
開講期間 4/6~7/21
講義概要 【授業の目的・方針】
熱力学は莫大な数の微視的な粒子から構成される系の平衡状態をたった数個の巨視的な状態量で記述し、巨視的な状態量間に見られる普遍的な関係を取り扱う基礎物理学の一分野である。本講義では、日常的でありふれた事象の奥にある熱力学の普遍的な法則を抽出し、基本的な事例への応用を学ぶ。
【授業計画】
1.序論、温度 概要、熱平衡、温度目盛
2.状態方程式 状態方程式、気体の状態方程式、示量変数と強度変数
3.熱力学第1法則(1) エネルギーの保存、準静的過程、理想気体の内部エネルギー
4.熱力学第1法則(2) 熱容量と比熱、理想気体の断熱変化
5.熱力学第2法則(1) 第2種永久機関、カルノーサイクル
6.熱力学第2法則(2) 熱力学第2法則、可逆変化と不可逆変化、熱機関の効率
7.中間試験
8.エントロピー(1) クラウジウスの不等式、エントロピー(I)
9.エントロピー(2) エントロピー(II)、エントロピー増大の原理
10.エントロピー(3) 不可逆過程とエントロピー、混合のエントロピー、孤立系の平衡条件
11.エントロピー(4) 熱機関とエントロピー、熱力学第3法則、エントロピーの解釈
12.熱力学関数(1) 自由エネルギー、熱力学恒等式、熱力学関数
13.熱力学関数(2) マクスウェルの関係式、粒子数が変化する系
14.平衡と準安定状態 可能な変化と不可能な変化、熱平衡の条件、平衡の安定性、準安定状態
15.まとめ まとめ
16.定期試験
テキスト・参考文献 【教科書】
三宅哲著「熱力学」(裳華房)1989、ISBN No.978-4785320355
【参考書】
1.三宅哲著「基礎演習シリーズ 熱力学」(裳華房)1989、ISBN No.978-4785381127
2.久保亮五著 「大学演習 熱学・統計力学 [修訂版]」(裳華房) 1998、ISBN No.978-4785380328
3.田崎晴明著 「熱力学 =現代的な視点から」(培風館) 2000、ISBN No.978-4563024321
試験・評価方法 定期試験 50%、中間試験30%、宿題・レポート 10%、クイズ 10%
別途必要な経費 なし
その他特記事項 本科目を理解するには積み重ねが重要であるので、毎回かならず復習を十分に行うこと。
科目名(英語) Thermodynamics

pagetop