シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

OR概論

開設大学 南山大学
科目コード 294459
担当教員 鈴木 敦夫 (理工学部教授)
学年配当 2年, 3年, 4年
単位数 2単位
曜日 月曜, 木曜
開講期間 秋学期
開講時間割1 1限 09:20 ~ 10:50
教室 S22教室
募集定員 上限なし
募集時期 4月, 9月
開講期間 9/16~11/10
講義概要 【授業概要】
この授業は講義形式で行われる。
企業などの組織における種々の意思決定のための手法について平易に解説するORの入門コースであり、線形計画法、非線形・整数計画法、シミュレーションなどOR領域の関係科目の基礎となる科目である。問題解決のための数量的分析方法と現実の問題を数理モデルとして定式化する手順や考え方の基本を理解することを目的とする。主として社会での問題解決によく用いられるモデルを中心に、線形計画法、 待ち行列,シミュレーションについて解説する。

【到達目標】
1. ORの手法を用いた問題解決の手順を知っている。
2. 実際問題をモデリングする方法を知っている。
3. ORの基本を理解している。
4. ORの基本的な手法を用いて,抽象化された小規模な問題を解決することができる。

【授業計画】
第1回 ORの起源
第2回 ORの現状と今後
第3回 線形計画法(1)定式化
第4回 線形計画法(2)シンプレックス法
第5回 線形計画法(3)シンプレックス法の行列表現
第6回 線形計画法(4)双対問題
第7回 線形計画法の問題演習
第8回 待ち行列(1)ケンドールの記号、リトルの公式
第9回 待ち行列(2)M/M/1の待ち行列
第10回 待ち行列(3)M/M/sの待ち行列
第11回 シミュレーション(1)一様乱数と指数乱数の発生,M/M/1のシミュレーション
第12回 シミュレーション(2)ブートストラップ法
第13回 待ち行列の問題演習,シミュレーションの問題演習
第14回 線形計画法のケーススタディー
第15回 シミュレーションのケーススタディー

【授業時間外の学習 (準備学習等)】
第3回以降、予習復習問題を出すので、これを解くこと。

テキスト・参考文献 ※WebClass上に毎回の教材を掲示する。
試験・評価方法 現実の問題をORの問題として定式化できること、線形計画法、待ち行列、シミュレーションの手法を用いた問題解決の基礎を理解していること、これらの知識を応用して、抽象化された小規模な問題を解くことができることを合格の基準とする。
定期試験70%、授業中に行うレポート30%によって評価する。
別途必要な経費
その他特記事項 ※この科目は南山大学のアカウント取得が必要です。授業時間外に1時間ほどガイダンスを実施します。
科目名(英語) Introduction to Operations Research
その他 <お問い合わせ先>
 南山大学・教務課
 tel.  :052-832-3117
 メール:n-kyomu@nanzan-u.ac.jp

pagetop