シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

現代思想

開設大学 名古屋市立大学
科目コード 290757
担当教員 別所 良美(人文社会学部教授)
学年配当 2年, 3年
単位数 2単位
曜日 月曜
開講期間 後期
開講時間割1 4限 14:40 ~ 16:10
教室 (未定)
履修条件 -
募集定員 5
募集時期 4月, 9月
開講期間 9/25~1/26
講義概要 1. 導入:世界を問題として捉えるための枠組みとしての思想・哲学
2. 近代理性とは何か?:戦後日本の課題としての近代的主体の確立、デカルト
3. 近代理性とは何か?:社会契約論における個人と国家(ホッブス、ロック、ルソー)
4. 近代理性とは何か?:啓蒙の哲学。理性の自律と理性による支配(カントとヘーゲル)
5. 近代理性批判:神の死(ニーチェ)と疎外(マルクス)
6. 近代理性批判:人間の脱理性化(フロイトとマルクーゼ)
7. 近代理性批判:啓蒙の弁証法:理性と野蛮の内的関係(フランクフルト学派)
8. エコロジー思想:コミュニケーション的理性(ハーバーマス)と自然との共生(イリッチ)
9. エコロジー思想:環境問題の表面化と「持続可能な発展」という考え(ハーマン・デイリー)
10. エコロジー思想:エコロジーと労働の問題(ゴルツ)
11. 労働観の変容:労働と収入との分離、すなわち市場メカニズムの外部
12. 労働観の変容:ベーシック・インカム(無条件基本所得)とは何か。
13. 個人/グループでの研究発表(1)
14. 個人/グループでの研究発表(2)
15. 個人/グループでの研究発表(3)
テキスト・参考文献 特に指定しない
試験・評価方法 平常点(出席点と議論参加点と設問回答点):40%
研究発表点:30%
期末レポート試験:30%
別途必要な経費 なし
その他特記事項 特になし
科目名(英語) Modern Philosophy
その他 <お問い合わせ先>
 名古屋市立大学・事務局 教務企画室
 tel.   :052-872-5804
 メール.:kyoumu_kikaku@sec.nagoya-cu.ac.jp

pagetop