シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

歴史観光まちづくり学

開設大学 名古屋学院大学
科目コード 293502
担当教員 田中 智麻
学年配当 1年
単位数 2単位
曜日 水曜
開講期間 春学期
開講時間割1 2限 10:55 ~ 12:25
教室 名古屋キャンパス白鳥学舎曙館302教室
履修条件 特になし
募集定員 若干名
募集時期 4月
開講期間 4/5~7/24
講義概要 本講義は、観光地あるいは観光資源を有する地域におけるまちづくりを対象として、観光の社会的意義や観光の歴史、国内外の観光の実態等の基礎を学びます。また、最近注目されている新しいツーリズムから、名古屋にも関係する都市観光や歴史観光を取り上げ、身近な観光資源の活用を考えます。
なお、講義によっては、より理解を深めるために、実務者をゲストに招いた講義を行います。※COC地域志向科目
1. 授業ガイダンス -今なぜ観光が注目されているか
2. 日本人と観光 -江戸時代から現代旅行への変遷
3. 観光産業 -観光を取り巻く産業、旅行会社
4. 宿泊施設 -世界のホテルと日本旅館
5. サービスとホスピタリティ -観光地のおもてなし
6. 観光地と交通 -観光地に必要な交通サービス
7. 観光情報、世界の旅行
8. 観光資源と着地型観光 -外国人の見た日本
9. 名古屋の観光資源と今後の活用 (ゲスト)
10. 観光地マーケティングと地域のブランド力
11. 観光資源の保護 -エコツーリズム・観光の発展と地球環境
12. 観光と地域経済活性化 -産業都市名古屋とMICE
13. 熱田の資源と名古屋の文化 (ゲスト)
14. 観光まちづくり ―持続可能な地域づくりと注目のニューツーリズム
15. まとめ -これからの名古屋の地域づくり
16. 定期試験期間
テキスト・参考文献 【教科書】
講義の都度、講義内容の資料を配布します。
試験・評価方法 授業で学んだことを記述する小テストを平常点(30点)評価とし、定期試験(70点)とあわせて評価する。
別途必要な経費 特になし
その他特記事項 【学習到達目標】
歴史観光まちづくりの体系的な基本学習を通じて、身近なところにある地域資源を発見し、まちづくりを考えることのできる人材を育成することを目標とします。
【履修上の注意】
観光は聞いて理解するものではなく、自分で見て体験していくうちに、実感していくものです。
時間が許す限り、多くのところに出歩いて見聞を深めましょう。
なお、秋学期の歴史観光まちづくり演習の受講を希望される場合は、できる限り本講義に望んでください。
【事前事後学習】
日常的にテレビ・新聞・雑誌で本テーマとかかわる記事やニュースを入手しておいてください。そうすると講義の理解も深まります。
科目名(英語) Community Development for Tourism and History

pagetop