シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

インドネシア文化研究

開設大学 南山大学
科目コード 294451
担当教員 間瀬 朋子 (外国語学部准教授)
学年配当 3年, 4年
単位数 2単位
曜日 火曜, 金曜
開講期間 秋学期
開講時間割1 3限 13:30 ~ 15:00
教室 F11教室
募集定員 5
募集時期 4月, 9月
開講期間 9/16~11/10
講義概要 【授業概要】
この授業は講義および演習形式でおこなわれる。
インドネシアの人びとが後天的に学び、継承してきた認識と実践の体系としての文化のなかでも衣食住に注目して、たくさんの民族グループが存在してそれぞれが異なる価値観や生活様式を有する多様性と、経済発展・グローバル化・中間層化のなかで進む文化の画一化現象について考察する。履修生は授業で指定されたインドネシア文化に関する基本的な文献を読んだうえで、各自で具体的なトピックを設定し、それについて情報を集め、自分なりの議論をつくりあげて発表する

【到達目標】
・インドネシアの多様性を具体的に知る。
・インドネシアの文化がいま次第に変容している様相やその背景を理解する。

【授業計画】
1. オリエンテーション
2. 食文化に関する基本的な説明(1)(「インドネシア料理」とは?、主食となる作物の多様性、さまざまな食材・調味料・調理法、祭事食、食をめぐるマナー、食と宗教―各種禁忌、ファストフードの出現、栄養に対する知識など)
3. 食文化に関する基本的な説明(2)
4. 食文化に関する文献講読(1)
5. 食文化に関する文献講読(2)
6. 衣文化に関する基本的な説明(1)(気候と衣服、祭事と衣服、宗教と衣服、各民族グループの衣装、ファッション産業、ファッション市場としてのインドネシアなど)
7. 衣文化に関する基本的な説明(2) 
8. 衣文化に関する文献講読(1)
9. 衣文化に関する文献講読(2)
10. 食文化に関する履修生による発表(1)
11. 食文化に関する履修生による発表(2)
12. 住文化に関する基本的な説明(気候と住居、民族グループと住居、伝統家屋の消失と保存、家族構成と居住形態の変化、都市における高層住宅の出現など)
13. 住文化に関する文献講読
14. 衣文化に関する履修生による発表
15. 住文化に関する履修生による発表

【授業時間外の学習 (準備学習等)】
授業時間内に指定した文献のほか、できるかぎりほかの参考文献も読む。各自で設定したトピックに関する情報を収集し、発表の準備を進める。

テキスト・参考文献 授業時間内に指示する。
試験・評価方法 授業への積極的な参加(25%)、発表(25%)、レポート(50%)
別途必要な経費
その他特記事項
科目名(英語) Indonesian Culture
その他 <お問い合わせ先>
 南山大学・教務課
 tel.  :052-832-3117
 メール:n-kyomu@nanzan-u.ac.jp

pagetop