シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

日本の経済

開設大学 名城大学
科目コード 294910
担当教員 堅田 義明(外国語学部 教授)
学年配当 2年, 3年, 4年
単位数 2単位
曜日 木曜日
開講期間 前期
開講時間割1 2限 10:50 ~ 12:20
教室 ナゴヤドーム前キャンパス北館DS303講義室
履修条件 特になし
募集定員 10
募集時期 4月
開講期間 4/4~7/24
講義概要 [授業の概要と目的]
卒業後、社会で活躍・貢献しうる資質養成のためにも現代の経済社会の理解は不可欠である。学生にはこの授業で日本経済を戦後史のみならず世界経済の観点からも把握することを求める。

[到達目標]
現代の日本経済を歴史的かつグローバルな視点から把握し、社会人になっても適用可能な社会事象に対する明晰な解釈力の錬磨に努めること。

[授業計画]
1.オリエンテーション
2.連合軍による占領政策と日本経済
3.東西冷戦と日本経済
4.戦後復興
5.1960年代の高度経済成長
6.日本の高度経済成長とアメリカ
7.日本の高度経済成長とアジア
8.1970年代の日本経済
9.バブル経済の出現
10.東西冷戦の終結と日本経済
11.バブル崩壊とその後の経済不況
12.グローバリゼーションの進展と日本経済
13.世界経済の変化と日本
14.今後の日本と世界
15.まとめ
テキスト・参考文献 [テキスト]
グローバル経済史入門・杉山伸也・岩波書店
[参考文献]
1.国家はなぜ衰退するのか(上・下)・ダロン・アセモグル・早川書房
2.近代日本の軍産学複合体・畑野勇・創文社
3.人口の世界史・マッシモ・リヴィバッチ・東洋経済新報社
4.入門経済学(第2版)・グレゴリー・マンキュー・東洋経済新報社
5.新・世界経済入門・西川潤・岩波書店
試験・評価方法 レポート25パーセント、中間テスト25パーセント、期末テスト50パーセントで評価する。また、授業態度が極めて悪い場合は大幅に減点する。
別途必要な経費
その他特記事項
科目名(英語) Japanese Economy

pagetop