シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
履修登録時期

新聞雑誌から読む日本近現代文学

開設大学 愛知文教大学
科目コード 231802
担当教員 佐藤良太
学年配当 1年, 2年, 3年, 4年
単位数 2単位
曜日 水曜
開講期間 春期
実施形式 対面
開講時間割1 2限 11:00 ~ 12:30
教室 未定
履修条件 特になし
募集定員 5
募集時期 4月
開講期間 4/10~7/28
講義概要 【授業の概要】
日本近代における〈家族〉と〈結婚〉の歴史について、新聞雑誌・小説・評論・制度の各側面の資料を参照しながら学ぶ。

【授業の目的】
明治維新後、近代国家として生成する過程で、家族制度も変容を余儀なくされた。アジア初の近代憲法とも称される「大日本帝国憲法」にみる家族・婚姻制度を俯瞰しつつ、家父長的国家観と家族について理解を深める。近代の新聞雑誌や小説・評論等に表れた性の規範や、男女観を学習する。本講義を通じて日本近代における家族観の変遷をみることにより、近代国家生成の一側面を制度・風俗の両面より照射する。

【授業の手法】
明治民法等法制上の規定を踏まえながら、近代家族制度の流通と再編成の様態を、新聞・雑誌といった同時代メディアにたどる。加えて、当代的結婚観や性道徳を、主要な文学作品に還元しつつ、近代的家族制度の強度をみる。

1. 講義の概要、成績評価の方法、受講留意点  
2. 日本における婚姻制度の変遷  
3. 近代的国家観と家父長的家族制度  
4. 明治民法における規定(1) 
5. 明治民法における規定(2) 
6. 集団的家族観と個人的恋愛の間  
7. 近代女子教育と〈良妻賢母〉イデオロギー 
8. 公娼制度と女性解放運動  
9. 〈新しい女〉と女性解放運動  
10. 婦人参政権と女性解放運動  
11. 文学作品に表れた〈家族・恋愛〉(1)―〈婚期〉  
12. 文学作品に表れた〈家族・恋愛〉(2)―〈姦通罪〉  
13. 文学作品に表れた〈家族・恋愛〉(3)―〈軍国の母〉  
14. 戦後家族の多様化  
15. まとめ・試験説明
テキスト・参考文献 講義資料配布
試験・評価方法 平常点10% 授業内課題50% 期末試験(テーマ論述問題)40%
別途必要な経費 なし
その他特記事項
科目名(英語) Japanese Modern and Contemporary Literature read from newspapers and magazines
使用言語 日本語

pagetop