シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
履修登録時期

中国民族論

開設大学 愛知大学
科目コード 230813
担当教員 高 明潔
学年配当 2年, 3年, 4年
単位数 2単位
曜日 水曜
開講期間 春学期
実施形式 対面
開講時間割1 2限 10:45 ~ 12:15
教室 名古屋キャンパス
募集時期 4月
開講期間 4/7~7/21
講義概要 本講義は民族と国家論の視点に基づいて、多民族国家中国の成り立ちにおける歴史的な背景、漢文化社会と非漢文化社会という二つのカデコリーの関係構築の在り方、現代中国における民族を生成し保存する条件とする政策的環境、自然生態的環境、エスニシティを解説することを通して、履修者に多民族国家中国の成り立つプロセスと中国における多文化的な特徴に対する理解を深めてもらうことを目標とする。

◆第Ⅰ部:多民族国家の成り立ちー圏域帝国から近代国家へのプロセスの考察に基づいて
1. 導入―中国民族論のアプローチについて
2. 古代中国における漢と非漢の境
3. 古代中国における中心と周辺との関係構築のプロセス
4. 中世中国における中心と周辺との関係構築のプロセスーⅠ
5. 中世中国における中心と周辺との関係構築のプロセスーⅡ
6. 近世中国における中心と周辺との関係構築のプロセス
7. 近代国家中国建設における民族的事情

◆第Ⅱ部:多民族国家中国の多文化の在り方?民族を生成し保存する諸条件の考察に基づいて
8. 北東部のツングース諸族の社会と文化
9. モンゴル民族と内モンゴル自治区(一帯一路における位置づけ)
10. トルコ語派諸族と新疆ウイグル自治区(一帯一路における位置づけ)
11. 中国人ムスリム集団の回族の社会と文化
12. チワン・トン語派諸族とチワン族自治区(一帯一路における位置づけ)
13. チベット民族とチベット・ビルマ語派諸族の社会と文化(一帯一路における位置づけ)
14. ミャオ・ヤオ語派諸族の社会と文化
15. まとめー中国を例とする民族と国家の学習の意義として
テキスト・参考文献 テキストは特に用意しないが、毎回担当者が作成するレジュメを配布する。
また、授業中に画像を映すパワーポイントを使用する

※生協ホームページで案内されている教科書リストも確認ください。
試験・評価方法 学期末の定期試験は実施しないので、総合評価とする。具体的基準は次の通りである。

〇毎授業時リアクション・ベーパを配布するが、出席カードとしない。
〇履修者が毎授業時配布するリアクション・ペーパーに記述した授業内容に対する考え・感想・質問などによって、平常点として総合的に評価とする。
別途必要な経費
その他特記事項 本科目を選択される諸君はぜひ日頃の新聞やニュースでとりあげられている中国社会と中国の民族問題に関心をもってほしい。
科目名(英語) Theory of Ethnic Chinese
使用言語

pagetop