シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
履修登録時期

仏教史(インド)

開設大学 同朋大学
科目コード 233001
担当教員 福田  琢(文学部教授)
学年配当 1年, 2年, 3年, 4年
単位数 2単位
曜日 木曜
開講期間 後期
実施形式 対面
開講時間割1 2限 10:40 ~ 12:10
教室 未定
募集時期 4月, 9月
開講期間 9/19~1/22
講義概要 授業のテーマ:インド仏教の歴史

学修の目的:
インド仏教の誕生から大乗仏教興隆までの流れを、背景となったインドの歴史的展開とのかかわりの上で理解することを目的とする。

学修内容(授業概要):
仏教が、その発祥の地であるインドにおいてどのような展開をみせたか、その過程を歴史的な流れに沿って概観する。ゴータマ・ブッダはどのような歴史的要請に応えて登場したか、彼の滅後、僧団(サンガ)はなぜ分裂したか、そして大乗仏教はどこから興ったか、という問題を、背景となるインドおよび周辺諸地域の歴史・社会・文化との関わりに留意しながら考察する。
評価・採点は、授業中に行う小テスト(もしくは小レポート)の得点に出席状況を加味する。

学修内容(授業計画)
1. インド仏教史研究の問題点
2. 古代インドの社会と宗教
3. ゴータマ・ブッダの歴史的実像
4. 結集と分裂
5. マウリヤ朝とアショーカ王
6. インド・ギリシア王朝と仏教
7. シャカ・パフラヴァ時代からクシャーナ朝へ
8. カニシカ王とゾロアスター教
9. 造形表現と大乗仏教
10. ヒンドゥイズムの展開と大乗仏教
11. シャータヴァーハナ王朝と南インドの仏教
12. グプタ王朝と仏典の発展
13. パーラ王朝と密教の隆盛
14. イスラム教と仏教の衰退
15. まとめ
テキスト・参考文献 参考文献/その他:「仏教史研究ハンドブック」仏教史学会編 法蔵館
試験・評価方法 授業への参加態度(30%)
授業中の小テスト(70%)
別途必要な経費 特になし
その他特記事項 授業時間中に行なう小テストの実施にあたっては、自筆ノートの持ち込みを許可するので、各自講義の内容をノートにまとめて準備しておくこと。
科目名(英語)
使用言語

pagetop