シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

保険法A

開設大学 愛知学院大学
科目コード 291013
担当教員 山野 嘉朗(法学部教授)
学年配当 3年, 4年
単位数 2単位
曜日 木曜日
開講期間 春学期
開講時間割1 3限 13:30 ~ 15:00
教室 日進キャンパス
募集定員 若干名
募集時期 4月
開講期間 4/5~7/22
講義概要 【授業の概要】
この講義では、2010年4月1日施行の保険法(単行法)の総則規定と損害保険の規定を中心に解説する。保険制度および損害保険契約の基礎理論および約款論を踏まえつつ、現実に生じている諸問題にいかに対処すべきかを、判例等を紹介しつつ具体的に検討する。
【授業の到達目標】
火災保険や自動車保険の仕組み・契約内容を理解した上で、それらに関する法的諸問題を解決することができる。
【授業計画】
1.ガイダンス
2.保険の意義・保険法の意義
3.保険契約と当事者・関係者
4.保険約款の拘束力・解釈原則
5.保険約款の解釈手法
6.保険契約の成立・終了
7.保険契約の内容・効果
8.損害保険契約法の意義・内容
9.損害保険関係の変動
10.損害保険契約と免責事由
11.保険代位・損害防止義務
12.保険給付と損益相殺
13.責任保険・直接請求権
14.自動車保険(出張講義)
15.総括および質疑応答
16.定期試験
テキスト・参考文献 『現代保険・海商法30講』 山野嘉朗他 中央経済社 3800円 978-335-30458-3 (ISBN)
試験・評価方法 定期試験(100点満点)。なお、学期中に1回以上小テストを実施し(不定期)、成績優秀者にボーナスポイントを与える。このポイントは、定期試験の成績に加算される。
別途必要な経費
その他特記事項 六法(携帯版でよい)は必携。講義中は受講生に質問し、知識を確認する。その際に十分な回答ができなくても成績には影響しない。授業中の私語、教室の出入り、スマートフォン等の使用を禁止する。教科書の購入は強制しないが、配布資料との連携により体系的な知識を身につけることが可能となる。第14回目の講義は、日本損害保険協会(東京)担当者による出張講義とする。
科目名(英語) Insurance Law A

pagetop