シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

中国経済事情

開設大学 星城大学
科目コード 292503
担当教員 日下部 直美(経営学部講師)
学年配当 2年, 3年, 4年
単位数 2単位
曜日
開講期間 後期
開講時間割1 2限 10:50 ~ 12:20
教室 本学キャンパス本館1203教室
履修条件 なし
募集定員 5
募集時期 4月, 9月
開講期間 9/21~1/30
講義概要  1978年に改革開放政策が始まり、中国経済は驚異的な飛躍を遂げている。2010年にはGDPが日本を追い抜き、世界第2位となり、その後も現在に至るまで発展し続けている。日本は、経済大国となった中国と密接な関係にあり、2012年の尖閣諸島の問題等によって悪化した日中関係も現在は回復しつつある。今後、良好な日中関係を築くためには中国という国と向き合い、冷静に中国を理解することが必要であろう。本講義では、中国経済に関する時の話題を充分に理解できるレベルまで到達することを目指し、その延長で中国経済の発展を多角的に捉えて、動向を把握することができる。

1 現在の中国経済の概要(1) 世界における中国経済、中国との貿易関係
2 現在の中国経済の概要(2) 私達の生活と中国経済との関連、中国に対する輸入依存度
3 新中国成立後の中国経済(1) 第二次世界大戦後の中国、資本主義・社会主義・共産主義
4 新中国成立後の中国経済(2) 社会主義への転換、人民公社
5 新中国成立後の中国経済(3) 大躍進運動における政治・経済、調整政策
6 新中国成立後の中国経済(4) 文化大革命における政治・経済
7 改革開放政策(1) 鳥籠経済論、先富論、経済特区
8 改革開放政策(2) 人民公社解体、郷鎮企業の成立、計画的商品経済
9 中間課題 1回~8回までの復習・確認
10 社会主義市場経済(1) 計画経済と市場経済、南巡講話
11 社会主義市場経済(2) 国有企業、国内統一市場の形成
12 社会主義市場経済(3) 四つの基本原則、三つの代表
13 社会主義市場経済(4) WTO加盟、GDPの推移
14 問題点と今後の課題(1) 貧富の格差(ジニ係数)、シャドーバンキング
15 問題点と今後の課題(2) エネルギー問題、環境問題
16 期末試験 15コマの復習・確認、総まとめ・レポート
テキスト・参考文献 プリント教材を用いる。
参考文献:南亮進・牧野文雄編 『中国経済入門 世界第二位の経済大国の前途』 日本評論社
試験・評価方法 講義参加態度、出欠状況、課題・レポートの提出状況などにより総合的に判断する。平常点(出席率・授業に対する積極性等)30%とレポート点(中間課題と期末レポートなど)を70%として評価する。
別途必要な経費 なし
その他特記事項 日経ビジネスなどの専門誌やインターネットなどで国際・経済の記事と論評に目を通し、中国及び各国の情勢について理解しておくこと
科目名(英語) The Economics of Today’s China

pagetop