シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

監査論

開設大学 中部大学
科目コード 292804
担当教員 田中 智徳
学年配当 2年, 3年, 4年
単位数 2単位
曜日
開講期間 春学期
開講時間割1 56 13:35 ~ 15:05
教室 未定
募集定員 若干名
募集時期 4月
開講期間 4/5~7/22
講義概要 会計情報は投資判断等において極めて重要な役割を果たしている。しかし残念ながら、企業は必ずしも正しい会計情報を公表するとは限らない。自社に都合が良いように会計情報を操作したり、都合の悪いことを隠して会計情報を偽る行為、いわゆる粉飾を行うことがある。こうした行為を防止し、経済の健全な発展に寄与するために、公認会計士は企業が公表した会計情報について検証を行い、企業が公表する会計情報の信頼性に関する保証業務を行っている。これを財務諸表の監査という。
しかし実際には、粉飾等による企業不正は後を絶たず、公認会計士による監査には多くの課題が残されている。そこで本授業では、公認会計士による監査の基礎を学び、情報の信頼性の担保、保証という概念について理解を得ることを目的とする。
【第1回】ガイダンス-監査とは何か
〔授業外学修〕特になし
【第2回】監査の基礎 ドラマ「監査法人」の視聴と感想
〔授業外学修〕ドラマ「監査法人」を見て疑問に思った点について調べてみる。
【第3回】監査の生成と発展 ①監査の歴史、②会社法監査制度の歴史、③金融商品取引法監査制度の歴史、④会計・監査制度
〔授業外学修〕会社法および金融商品取引法の下での監査制度の歴史について復習する
【第4回】監査の目的と二重責任 ①監査の定義と成立条件、②監査基準、③監査の目的
〔授業外学修〕監査の成立条件、監査基準の性格および構成、監査の目的において示されている事項について復習する
【第5回】監査人の適格性 ①監査人の独立性、②正当な注意と職業的懐疑心、③職業資格とCPE
〔授業外学修〕独立性の2つの概念およびその必要性、職業的懐疑心の意義、CPEの意義とその必要性について復習する
【第6回】監査の実施プロセス1-監査の開始 ①監査プロセス、②監査契約、③監査報酬、④監査計画
〔授業外学修〕監査プロセスの全体像、リスク・アプローチの概念について復習する。監査報酬にまつわる問題について調べてみる。
【第7回】監査の実施プロセス2-監査の実施 ①監査証拠、②監査要点と監査手続、③監査調書
〔授業外学修〕監査目標と監査要点の関係、監査手続について復習する。授業で学習した以外の監査手続を調べてみる。
【第8回】監査の実施プロセス3-監査判断 ①監査判断、②実質的判断、③監査意見 
〔授業外学修〕監査意見の種類と除外事項の関係について復習する。無限定適正意見以外の監査報告書を探してみる。
【第9回】監査報告書 ①監査意見と監査報告書、②監査報告書の記載事項、③追記情報、④継続企業の前提
〔授業外学修〕監査報告書の特徴、監査報告書の記載事項について復習する。監査報告書において継続企業の前提に関する記載が示された企業について調べてみる。
【第10回】公認会計士試験制度 ①公認会計士試験制度の歴史、②現在の公認会計士試験制度、③会計専門職大学院、④公認会計士試験制度の課題
〔授業外学修〕公認会計士試験制度の概要について復習する。公認会計士試験制度が抱える課題について、解決策を考えてみる。
【第11回】監査関連問題、内部統制 ①監査関連問題、内部統制
〔授業外学修〕監査役設置会社、監査等委員会設置会社、指名委員会等設置会社の特徴、内部統制の目的、構成要素、限界について復習する。監査役、会計監査人および内部監査人の連携について考えてみる。
【第12回】企業不祥事 ①米国における会計不祥事とわが国への影響、②わが国における会計不祥事
〔授業外学修〕企業不祥事と監査人の対応について考える。
【第13回】各論 ①監査法人、②品質管理、③四半期レビュー制度、④第三者委員会
〔授業外学修〕監査法人の歴史について調べてみる。品質管理の望ましい方法について考えてみる。四半期レビュー制度および第三者委員会の意義と課題について考えてみる。
【第14回】財務諸表監査と不正 ①監査基準の改訂および監査における不正リスク対応基準の設定、②不正への対応
〔授業外学修〕監査人は不正に対してどのような対応を取るべきかを考える。不正のトライアングルを用いて身近な不正とその防止策を考えてみる。
【第15回】不正対応の新局面 ①公認不正検査士協会、②CFEの資格と役割、③不正検査、④不正の現状と課題
〔授業外学修〕不正検査の意義とその内容について復習する。企業不正に対してどのような対応策があるか考える。
【第16回】期末試験
テキスト・参考文献 教科書
なし
参考文献
『逐条解説で読み解く監査基準のポイント』八田進二町田祥弘同文舘出版3,8009784495198817
『ベーシック監査論(七訂版)』伊豫田隆俊他同文舘出版41049784495182571
試験・評価方法 成績の評価方法
期末試験、確認小テスト・小レポートを基に評価する。
成績の評価基準
期末試験(70%)、確認小テスト・小レポート(30%)
別途必要な経費
その他特記事項 会計に関連する授業であるため、会計や簿記に関する基本的な知識があったほうが理解が進むと思われるが、専門的な用語については平易な説明を心がけているため、会計や簿記が苦手な学生でも、十分に理解することは可能であると思われる。
科目名(英語) Auditing

pagetop