シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

地域政策

開設大学 名古屋経済大学
科目コード 293702
担当教員 佐藤正之(経済学部准教授)
学年配当 3年, 4年
単位数
曜日 火曜
開講期間 後期
開講時間割1 2限 11:10 ~ 12:40
教室 未定
募集時期 4月, 9月
開講期間 9/21~1/23
講義概要 地域政策の全体像について理解を進める。「地域政策」の範疇は、国土計画から都市計画、産業政策、農山村振興等の公共政策、インフラ整備等の自治体の施策やまちづくり、住民や地域コミュニティ、NPO,企業の社会貢献まで幅広い。本講義では地域政策の多様な現状を、その固有の地域問題とともに理解することを目的とする。

第1回 イントロダクション?なぜ地域政策なのか
第2回 日本の政策1(国土計画の誕生:戦後復興~産業基盤整備)
第3回 日本の政策2(国土を形成してきた国土計画:高度成長と格差是正~定住)
第4回 日本の政策3(国土計画の転換:国際化~企業活動)
第5回 日本の政策4(平成の市町村合併:福祉国家から分権型への移行)
第6回 地域政策の視点1(地方自治体の総合計画の位置づけ)
第7回地域政策の視点2(福祉国家から分権型福祉社会へ?地域格差への対応)
第8回 地域政策の視点3(量から質へ?均一化・成熟化社会への対応)
第9回 地域政策の視点4(地域特性の活用?まちづくり条例)
第10回 地域政策の視点5(自治基本条例・地域自治区?地域再生)
第11回 地域政策の視点6(リスク管理?地域防災・コミュニティ防災)
第12回 地域政策の担い手1(首長:マニフェスト、行政評価・事業評価、住民会議)
第13回 地域政策の担い手2(PFI、住民協働、ボランティア、NPO、ソーシャルビジネス)
第14回 現在の政策と地域政策(まち・ひと・しごと創生総合戦略推進会議)
第15回 地域政策の今日的意味
テキスト・参考文献 毎回の講義内容に応じて内容を記載したプリントがテキストとなる。
試験・評価方法 講義のなかで求める課題(リアクションペーパー(30%)、中間レポート(30%)、最終レポート(40%))で評価する。ただしレポートの未提出が1回でもあれば不合格とする。無断欠席は4回以上で不合格とする。なお、欠席した場合も次の講義で課題を提出すること。なお「欠席届」の提出は無効である。講義開始後25分を越えての入室は認めない。講義の妨げになると判断した場合、退出させることがある。
講義資料の提示およびレポート作成と提出については、学内WEBサービスの利用を予定している。電子データでのレポート作成と大学のメールアドレスへのレポート添付などのPC操作ができるように準備しておくこと。
別途必要な経費 なし
その他特記事項
科目名(英語) Regional Policy

pagetop