シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

労働法

開設大学 名古屋経済大学
科目コード 293706
担当教員 榊原 嘉明(法学部教授)
学年配当 3年, 4年
単位数
曜日 木曜
開講期間 後期
開講時間割1 2限 11:10 ~ 12:40
教室 未定
募集時期 4月, 9月
開講期間 9/21~1/23
講義概要  労働法は、雇用の場で遭遇するさまざまな問題を規律する法の総体である。そして、その基本的なものの考え方を理解し、これを実際に活用できるようになることは、労働者として自らの身を守る上でも、経営者として労務管理等を適切に遂行する上でも、大変重要となる。
 そこで、本講義では、雇用の場で遭遇しうる典型的かつ身近な法的トラブルを具体的事例として挙げながら、どのようにその解決策を法的な視点から導き出すべきかを教室全体で議論するという共同作業を通じて、受講生各自において労働法の基本的なものの考え方及びその活用スキルの修得を目指すこととする。

第 1回 労働法の現在
第 2回 労働法の歴史と現行法体系
第 3回 労働(契約)関係の当事者と基本的権利義務
第 4回 小まとめ:労働法の全体像
第 5回 労基法上の「賃金」概念と賃金支払い4原則
第 6回 労基法上の「労働時間」概念と規制原則
第 7回 休憩・休日、年次有給休暇
第 8回 労働災害の予防・補償と法
第 9回 小まとめ:労基法による労働条件規制
第10回 労働(契約)関係の終了
第11回 労働(契約)関係の成立
第12回 使用者の懲戒権と労働者の損害賠償責任
第13回 小まとめ:労契法における基本ルール
第14回 労働憲章と雇用差別の禁止
第15回 職業生活と家庭生活の調和
テキスト・参考文献 特に使用しない。
試験・評価方法  課題提出・授業参加:85%、出席:15%で評価する。なお、不正行為(剽窃行為など)については、厳正に対処する。 。
別途必要な経費 なし
その他特記事項
科目名(英語) Labour law

pagetop