シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

ドイツの経済

開設大学 南山大学
科目コード 294444
担当教員 中屋 宏隆(外国語学部准教授)
学年配当 2年, 3年, 4年
単位数 2単位
曜日 月曜, 木曜
開講期間 春学期
開講時間割1 1限 09:20 ~ 10:50
教室 HB2教室
募集定員 3
募集時期 4月
開講期間 4/6~5/31
講義概要 【副題】
統一後のドイツ経済を学ぶ

【授業概要】
この授業は講義形式で行われる。講義では、統一以降のドイツ経済の発展を、ヨーロッパ統合と関連させながら分析していく。

【到達目標】
・学生は、情報を整理し分析する力を習得することができる。
・学生は、ドイツ経済の基本的な構造を理解することができる。
・学生は、ヨーロッパ統合についても理解することができる。

【授業計画】
第1回 導入
第2回 第二次石油ショックから新自由主義の時代へ
第3回 構造化する失業問題と東ドイツの変遷(1)
第4回 構造化する失業問題と東ドイツの変遷(2)
第5回 20世紀のドイツ統一
第6回 冷戦後の独仏関係
第7回 東西ドイツ統一後のライプツィヒ(ドキュメンタリー)
第8回 統一後のドイツ経済動向(1)
第9回 統一後のドイツ経済動向(2)
第10回 マルクからユーロへ(1)
第11回 マルクからユーロへ(2)
第12回 ユーロ危機とドイツの復活(1)
第13回 ユーロ危機とドイツの復活(2)
第14回 ヨーロッパ統合とドイツ経済の行方
第15回 まとめ 

【授業時間外の学習 (準備学習等)】
特に必要ない。講義に集中すること。
テキスト・参考文献 初回に指示する。
試験・評価方法 中間テスト(30%)と期末試験(70%)で評価する。試験は、当然論述形式である。講義中、質問などが投げかけられるので、それに答える積極性と学習意欲も評価の対象となる。 
別途必要な経費
その他特記事項
科目名(英語) The German Economy
その他 <お問い合わせ先>
 南山大学・教務課
 tel.  :052-832-3117
 メール:n-kyomu@nanzan-u.ac.jp

pagetop