シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

都市・地域計画学

開設大学 名古屋工業大学
科目コード 210326
担当教員 秀島 栄三(工学研究科教授)
学年配当 3年
単位数 2単位
曜日 月曜
開講期間 前期
開講時間割1 7限,8限 14:40 ~ 16:10
教室 御器所キャンパス0321教室
募集定員 10
募集時期 4月
開講期間 4/12~8/27
講義概要 【授業実施方法】対面、オンデマンド
【授業の目的】
現代日本の社会状況は,都市に人口や資本が過度に集積し,国土・地域のバランスが崩れている面がある.このような社会的課題の解決のために様々な法定計画が策定されている.本講義では計画論の見地から,国土・地域・都市のあり方,都市計画および関連する法制度について講述する.
【達成目標】
計画論,法制度の観点から国土計画,地域計画および都市計画の意義と方法論を説明できる.
【関連する科目】
・理解の助けになる科目:社会基盤計画学,社会基盤計画学演習
・学んだ内容を用いる科目:卒業研究
【関連する教育目標】
社会基盤の整備に対する基本的理論と応用的な技術を習得する.
【授業計画】
1. 概説
2. 都市の定義と都市計画の目的について
3. 都市計画思想と諸外国における近代以降の都市計画について
4. 我が国における都市計画法制度について
5. 都市計画法でいう都市計画の内容と制度の概要について
6. 都市計画の立案と都市計画調査について
7. 都市計画区域と線引きについて
8. 都市計画にかかわる財政制度について
9. 地域地区制について
10. 市街地開発事業について
11. 緑地,公園,都市景観について
12. 都市環境計画,都市防災計画について
13. 都市交通計画について
14. 都市施設整備について
15. 都市施設整備の実際について
16. 期末試験
テキスト・参考文献 教科書:加藤 晃・竹内伝史 編著「新・都市計画概論 改定2版」共立出版
参考書:特に指定しない
試験・評価方法 レポート課題と期末試験により評価する.
レポート(30%)と期末試験(70%)により評価する.合計で60点以上を合格とする.
別途必要な経費
その他特記事項 特段の予習は要求しないが,復習をするとともに日頃から地域の話題,都市計画の話題について関心を高めておくこと.
科目名(英語) Urban & Regional Planning
使用言語

pagetop