シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

生活経済学(1)

開設大学 金城学院大学
科目コード 212105
担当教員 中森 千佳子(非常勤講師)
学年配当 1年
単位数 2単位
曜日 木曜
開講期間 後期
開講時間割1 4限 15:05 ~ 16:35
教室 W2-106
履修条件 なし
募集定員 5
募集時期 4月, 9月
開講期間 9/18~1/22
講義概要 家計の構造を中心に生活経済学の基礎的知識を学び、生涯生活設計の視点から家計のマネジメントのあり方を考える。また、生活経済学における「生活の豊さ」の考え方を理解する。
授業では、ディスカッション、グループワーク、実習(税金の計算など)の手法を取り入れる。

1.生活経済学とは何か ― 生活経済学の目的と対象
2.生活経済学における「生活の豊かさ」の考え方
3.家計に関する基本概念と家計調査
4.家計の収入と支出(1)収入と支出の種類
5.家計の収入と支出(2)ライフサイクルによる変化と世帯属性別にみた家計の特徴
6.生活と金融(1)貯蓄と投資:金融商品の種類と特徴
7.生活と金融(2)負債:住宅ローンを例に
8.生活と税(1)「くらしを支える税」:国税庁の「税を考える週間」
9.生活と税(2)所得税の仕組み 
10.生活と経済保障(1)社会保障
11.生活と経済保障(2)私的保障
12.家計のマネジメントの実践(1)家計簿の目的と分類
13.家計のマネジメントの実践(2)家計簿の実践
14.生涯生活設計の視点から生活の豊かさとマネジメントを考える(1)家計を通してみる現代生活の特徴と課題
15.生涯生活設計の視点から生活の豊かさとマネジメントを考える(2)人生100年時代と家計のマネジメントの考え方
16.試験期間内試験
テキスト・参考文献 テキストは指定しないが、必要に応じて講義の中で紹介する。
参考書:重川純子『改訂新版 生活経済学』放送大学教育振興会、2020年(放送大学教材、ISBN978-4-595-32196-2)
試験・評価方法 1.試験期間内試験 40%, 2.レポート(課題①②)30%
3.作業課題・小テスト 20%、
4.授業への参加態度(課題への取り組み、授業中の発言など) 10%
別途必要な経費
その他特記事項 女子学生に限る
科目名(英語) Household Economics(1)
使用言語 日本語

pagetop