シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

国際政治と社会

開設大学 名古屋市立大学
科目コード 210716
担当教員 松本 佐保(人文社会学部教授)
学年配当 1年, 2年, 3年, 4年
単位数 2単位
曜日 木曜
開講期間 前期
開講時間割1 1限 09:00 ~ 10:30
教室 滝子 2-403
募集定員 5
募集時期 4月
開講期間 4/13~7/28
講義概要 イギリスの外交史を概観し、ウィーン会議以降の勢力均衡とは何か、現状維持政策とは、そして戦後の英国の国力の衰退にも関わらず、国際政治に影響を維持しているのは何故か、そしてブレグジッド、英国のEU離脱までを扱う。
1、はじめに
2、ウィーン会議とイギリス外交
3、パーマストン外交とは
4、パクス・ブリタニカの外交 1
5、パクス・ブリタニカの外交 2
6、ソルズベリーの外交
7、ビスマルクとの取引外交
8、第一次世界大戦と国際連盟
9、ベルサイユ体制期の外交
10、ファシズム期の英国外交
11、戦後冷戦初期の外交
12、大英帝国の脱植民地化と欧州
13、英米関係
14、イギリスのEU離脱(ブレグジッド)
15、おわりに
テキスト・参考文献 佐々木雄太・木畑洋一編著『イギリス外交史』有斐閣アルマ、2005年
試験・評価方法 レポートでは文献を二点以上使用し、それを明記し、客観的な分析が出来ていることが評価基準となる。試験の論述問題も客観的な分析が評価基準となり、感情論や陰謀論は評価されない。
レポート30% 試験40% 平常点10%
別途必要な経費 なし
その他特記事項
科目名(英語) International Politics and Society
使用言語

pagetop