シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

シリアスゲーム演習

開設大学 星城大学
科目コード 212505
担当教員 天野 圭二
学年配当 2年
単位数 2単位
曜日 未定
開講期間 後期
開講時間割1 未定
教室 未定
募集時期 9月
開講期間 9/24~1/27
講義概要 【授業目標】
シリアスゲームは「教育や社会における問題解決のためにデジタルゲームを開発・利用する取り組み」であり、これを用いて課題解決型の演習を行うことで座学での学習内容を実戦的に経験し、発見した内容を発表できるようになる。
 本演習は経営学の体系を体験的に理解することを目的とする科目である。1年次に学習した基礎4科目が身についているかを仮想実践的に再確認し、2年後期から始まる専門科目で学ぶことになる内容の事前確認を目標とする。
演習では「自らがゲーム内で直面する場面を、各科目で教えられている経営学の知識を用いて解決・改善する」ことに重きを置く。

【到達目標】
1) 自らが直面する場面を、各科目で教えられている経営学の知識を用いて解決・改善することができる。
2) 関連する各科目で教授されている経営学上の概念を自ら説明、活用することができる。
【授業計画・内容】
第1回演習概要説明
シリアスゲームとは何か?この演習の位置づけは?など演習の受講に先立って把握すべきことを解説する。
シリアスゲーム、AI、シミュレーション 
第2回選択ゲーム1:課題設定
事前レポート作成、アクティブラーニング、課題発見。 
第3回選択ゲーム1:ゲームプレイ(前半)
実験計画、ゲームプレイ、グループワーク、ゲームAI。 
第4回選択ゲーム1:ゲームプレイ(前半)
ゲームプレイ、グループワーク、シミュレーション。 
第5回選択ゲーム1:中間報告
プレゼンテーション、アクティブラーニング。 
第6回選択ゲーム1:ゲームプレイ(後半)
計画修正、ゲームプレイ、グループワーク。 
第7回選択ゲーム1:ゲームプレイ(後半)
ゲームプレイ、グループ別指導、ゲームAI研究 
第8回選択ゲーム1:最終報告
プレゼンテーション、デブリーフィング、ピア評価。 
第9回選択ゲーム2:課題設定
事前レポート作成、アクティブラーニング、課題発見。 
第10回選択ゲーム2:課題設定
ゲームAIの全容確認、課題発見、計画立案。 
第11回選択ゲーム2:ゲームプレイ(前半)
ゲームプレイ、グループ別指導、ゲームAI研究。 
第12回選択ゲーム2:ゲームプレイ(前半)
ゲームプレイ。グループ別指導、シミュレーション。 
第13回選択ゲーム2:中間報告
プレゼンテーション、アクティブラーニング。 
第14回選択ゲーム2:ゲームプレイ(後半)
グループ別指導、ゲームAI研究、シミュレーション。 
第15回選択ゲーム2:ゲームプレイ(後半)
グループ別指導、ゲームAI研究、シミュレーション 
第16回選択ゲーム2:最終報告
プレゼンテーション、デブリーフィング、ピア評価。 
テキスト・参考文献 【教科書】
経営学概論、経済学概論、会計学総論、経営学原理の講義資料すべて
Minervaで検索可能な教材も利用すること。
試験・評価方法 【試験について】
各最終報告を試験の代替とする。再試験対象者の条件: 実施しない
【評価方法】
レポート:20 点×2 回、報告:20 点×2 回、議論への参加度:20点  
別途必要な経費 特になし
その他特記事項 特になし
科目名(英語) Practicium in Serious Gameing
使用言語 日本語

pagetop