シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

研究各論 (イギリスの政治・外交)

開設大学 愛知県立大学
科目コード 210504
担当教員 奥田 泰広(外国語学部准教授)
学年配当 2年, 3年
単位数 4単位
曜日 火曜
開講期間 通年
開講時間割1 4限 14:30 ~ 16:00
教室 長久手キャンパス
募集時期 4月
開講期間 4/9~8/5
10/1~2/7
講義概要 【前期】
イギリスの国家戦略とインテリジェンス
近代イギリス外交史に関する専門的知識が習得される。
イギリス外交について歴史的な観点から講義していく。とくに「国家戦略とインテリジェンスの相互作用」に着目し、第一次世界大戦から第二次世界大戦にいたる時代を中心に取り上げる。この激動の時代にイギリスはその民主主義体制を強化していき、緊急事態を乗り越える柔軟さを身につけることになった。そうした時代を学ぶため、取り上げる事例は楽しいものとは言えないが、現実を見つめるリアリズムを養うには最適のテーマである。
【後期】
現代イギリスの政治・外交
イギリス現代政治史に関する発展的知識が習得される。
イギリスの政治と外交について歴史的な観点から講義していく。後期では、第二次世界大戦後のイギリス政治について国際関係史の視点から再検討する。第二次世界大戦後のイギリスは、その国力の低下によって国際政治における発言力も低下したように見える。しかし、詳細に検討していくと、イギリスは相変わらず、現代の国際社会において多方面で存在感を示してきており、決定的な役割を果たしたこともあった。とはいえ、遠く離れたアジアでは、冷戦初期の段階でイギリスの影響力は大きく低下したことも確かである。講義では、外交史研究の一例として冷戦初期アジアにおけるイギリス外交も詳細に取り上げる。
テキスト・参考文献 奥田泰広『国家戦略とインテリジェンス』(PHP研究所、2016年、オンデマンド版[ASINコード:B01EYDRQ1E])
試験・評価方法 小テストを4回実施する(各25%)。
別途必要な経費 特になし。
その他特記事項 【前期】
授業開始後10分以上遅刻した場合は欠席扱いとする。
小テストを4回実施するので、授業についてよく復習しておくこと。
科目名(英語) Lecture (British Politics & Diplomacy)
使用言語

pagetop