シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

国際産官学連携PBL(B)

開設大学 南山大学
科目コード 214411
担当教員 藤掛 千絵(国際センター講師)
学年配当 2年, 3年, 4年
単位数 1単位
曜日 金曜
開講期間 秋学期
開講時間割1 5限 17:25 ~ 19:05
教室 「その他特記事項」を参照
履修条件 事前に履修者の書類選考があります(6月初旬ころ、本学NU-COIL Webページに掲載予定)
募集定員 20
募集時期 4月, 9月
開講期間 9/15~11/9
講義概要 【授業概要】
この科目は、演習および講義形式で行われる。この科目は、キャリア形成に結びつく実践的なCOIL型授業に位置付けられる。愛知県に所在する企業、団体、官公庁からビジネス・行政上の課題を提供してもらい(本科目では在名古屋米国領事館など他)、その課題に対して、学生が米国大学の学生とCOIL型教育を通じて共同で解決策を議論する。解決策は、課題の提供先に提案し、フィードバックを受ける。この授業を通じて、異なる文化背景を持つ学生と協働して問題に取り組み、グローバル人材としての素地を養うと同時に、実社会での課題に触れ、キャリア形成に生かすことが期待される。
【到達目標】
1. 問題や課題を理解し、客観的にとらえることができる
2. グループ内で、問題や課題に対する解決策をいくつか提案し、建設的な議論ができる
3. 異なる文化背景をもつ学生がいる中、グループ内で意見をまとめ、最適な解決策を提案することができる
【授業計画】
第1回 導入、 学習管理システムの使い方
第2回 グループディスカッション、研究・調査報告①
第3回 研究・調査報告②(学外)
第4回 中間報告、グループディスカッション
第5回 研究・調査報告③(学外)
第6回 プロジェクトの最終確認、発表準備、クラス内相互評価・分析
第7回 発表
【授業時間外の学習 (準備学習等)】
・授業のトピックについて調査をする。
・グループのメンバーや米国大学の学生と、LMS(学習管理システム)や各種オンラインツールを利用し、意見交換やレポート作成等を行う。
・授業時間内で出来なかった場合、最終プロジェクトの準備や打ち合わせ等を行う。
テキスト・参考文献 資料を配布
試験・評価方法 ・提出物、課題 30%
・最終レポート 30%
・授業内外での取り組みへの積極性 10%
・最終プロジェクト 30%
別途必要な経費
その他特記事項 ・履修者の書類選考があります。授業の詳細、選考に関する詳細は学内専用PORTAと本学のNU-COIL Webページに6月初旬に掲載予定です。必ずご確認下さい。
https://office.nanzan-u.ac.jp/nu-coil/news/index.html
・全7回の授業のうち2回(第3回、第5回)の学外授業を予定しています。(企業・団体様のご都合により日時等が変更になる場合があります。)
【場所】愛知県に所在する企業、団体、官公庁 
【目的】愛知県内企業等から講義を聴講し社員と議論を行う
【移動方法】現地集合
【費用】交通費(自己負担)
・米国大学の学生とのオンラインを通じた学習は、各自のデバイスを利用する。
・米国大学の学生との交流に際する使用言語は英語である。

対面授業の場合は、初回授業の教室を以下の教務課Webページより確認してください。
教務課Webページ:http://office.nanzan-u.ac.jp/KYOMU/
・「時間割関連」>シラバス(2012-2021年度)>シラバス検索画面
 該当科目を検索しますと、教室情報が表示されます。
科目名(英語) International Industry-Government-Academia Alliance PBL (B)
使用言語

pagetop