シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

会計学特殊講義Ⅲ

開設大学 愛知大学
科目コード 220812
担当教員 冨村 圭
学年配当 3年, 4年
単位数 2単位
曜日 火曜
開講期間 春学期
実施形式 対面
開講時間割1 2限 10:45 ~ 12:15
教室 名古屋キャンパス
履修条件 「金融論」を履修していることが望ましい
募集時期 4月
開講期間 4/8~7/22
講義概要  規制緩和や経済のグローバル化が進展するなかで、近年の金融市場の動きは、ビジネスパーソンのみならず個人にとっても無縁ではいられないものとなっている。そこで本講義では、金融市場や制度の仕組み、リスク・リターンの概念等、資産運用・リスク管理やデリバティブ取引の理論と実際について学習する。
 本講義の特徴は、基本的には数学を使わずに分かりやすく講義が進行される点、実務経験を持つ実務家が主に講義を担当する実践的教育を行う点、商品(金・農産物など)についても学習する点にある。
 
 なお、本講義は株式会社日本取引所グループから提供される教材を中心に進行される。

1. イントロダクション
2. 金融市場の働き①
3. 金融市場の働き②
4. 外国為替市場のシミュレーション・ゲーム
5. 市場・仕組み デリバティブ取引① 先渡、先物
6. 市場・仕組み デリバティブ取引② オプション、スワップ
7. 市場・仕組み デリバティブ取引③ デリバティブ総論
8. 商品先物市場の歴史(大阪堂島の米会所)
9. 商品各論① 金属市場
10. 商品各論② 農産物市場
11. リスクとリターン①
12. リスクとリターン②
13. 決算書と株価の関係
14. コーポレート・ガバナンスと企業価値①
15. コーポレート・ガバナンスと企業価値②
テキスト・参考文献 ■ 特に指定しないが、下記の参考書のうち、①と②は学習のための基本文献である。
■ レジュメ、資料等は必要に応じ、配布の予定(Moodle 上に掲載する場合もある)。
試験・評価方法 平常評価(100%)
 ■ 成績評価の方法:
● 授業内で実施する小テスト(70%)
● 課題レポート(30%)
 ■ 成績評価の基準:商品市場や制度の仕組み、資産運用・リスク管理の理論を理解しているかを評価する。
別途必要な経費
その他特記事項  本講義は、経営学部、経済学部、法学部、地域政策学部で開講されます。講義内容は、基礎理論の理解から運用の実際まで幅広く、学部の枠にこだわらないものになっています。現代のビジネスパーソンに求められる金融デリバティブの知識も、非常にコンパクトにわかりやすく講義していただきます。
 また、講義は実務家を外部講師として招聘するため、現実の機微に通じた内容が期待されます。予備知識のない学生にとっては興味・関心を刺激する「入門編」として、学習が進んだ学生には理論の「応用編」として期待できる講義です。

<愛知大学活動制限指針別の実施形態【レベル1の場合】>
 対面授業
<愛知大学活動制限指針別の実施形態【レベル2の場合】>
 遠隔授業①(資料配布・提示型、又はオンデマンド型)
科目名(英語) Specialized Accounting III
使用言語

pagetop