シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

人間と自然5(動物とヒトとの進化多様性)

開設大学 名古屋市立大学
科目コード 290728
担当教員 熊澤 慶伯(自然科学研究教育センター教授)他
学年配当 1年, 2年, 3年, 4年
単位数 2単位
曜日 金曜
開講期間 前期
開講時間割1 3限 13:00 ~ 14:30
教室 滝子C2-201
履修条件 -
募集定員 5
募集時期 4月
開講期間 4/12~7/28
講義概要  1、生態学入門(村瀬):生活史、適応戦略
 2、生態系のなりたち(村瀬): 食物連鎖、総合防除
 3、生物多様性(村瀬):保全生物学、持続可能な生物資源利用
 4、分子進化学の基礎I(鈴木):DNA・タンパク質の構造と機能、ヒトゲノム
 5、分子進化学の基礎II(鈴木):分子進化、集団遺伝学
 6、ヒトの病気とウィルス(鈴木):ヒト疾患とウィルス進化
 7、進化学入門(熊澤):生命の誕生と動物への進化
 8、系統分類の基礎(熊澤):種の定義、二名法、系統分類
 9、脊椎動物の多様化(熊澤):主要分類群の特徴の概観
10、水族館とは(春日井):水生生物の飼育、展示、繁殖、保全
11、水族館実習I(春日井):水生動物の機能構造、水界への適応
12、水族館実習II(春日井):水生動物の適応放散と収斂、生物保全活動
13、動物園とは(橋川):多様な動物の飼育、展示、繁殖、保全と環境教育
14、動物園実習I(橋川):陸生動物の機能構造とその進化
15、動物園実習II(橋川):陸生動物の飼育、繁殖、保全の取組み

1-10までは、4-6月の毎週金曜日3限目に名市大滝子キャンパスで講義を行う。11-12は、9月上旬のある平日において、半日をかけて名古屋港水族館において集中形式で行う。13-15は、9月上旬の別の平日において、東山動物園において集中形式で行う。集中形式で行う授業の詳細(集合時刻や集合場所、携帯品など)は、教室で行う授業のなかで指示する。

授業への予習は特に求めないが、講義や実習の後には、授業中に紹介した書籍や関連するウェブサイトなどを参考にして、授業内容の復習をしっかり行うこと。
テキスト・参考文献 参考図書は授業中に紹介する。プリントは授業中に配布する。
試験・評価方法 出席状況及び講義への参加態度(50%)と教員ごとに課されるレポート(50%)で総合評価する。
講義中や実習中などに質問や意見を述べるなど、積極的な授業参加態度を示す者の評価を上げることがある。
別途必要な経費 なし
その他特記事項 名古屋港水族館及び東山動物園で行われる実習へのフルタイムでの参加は必須条件である。それらに参加できない可能性がある者は履修登録しないこと。両所への交通費及び入館料・入園料は各自の負担となる。また、定員を40名までとする。
科目名(英語) Human and Nature5
その他 <お問い合わせ先>
 名古屋市立大学・事務局 教務企画室
 tel.   :052-872-5804
 メール.:kyoumu_kikaku@sec.nagoya-cu.ac.jp

pagetop