シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

現代社会5(平和論)

開設大学 名古屋市立大学
科目コード 290714
担当教員 平田 雅己(人文社会学部准教授)
学年配当 1年, 2年, 3年, 4年
単位数 2単位
曜日 木曜
開講期間 後期
開講時間割1 2限 10:40 ~ 12:10
教室 滝子C2-401
履修条件 -
募集定員 5
募集時期 4月, 9月
開講期間 9/25~1/26
講義概要 第1回:授業概要説明(平田雅己)
第2回:個からつながる平和(平田雅己)
第3回:戦争と平和の資料館ピースあいちとは何か(ピースあいち事務局長・宮原大輔)
第4回:ピンポン外交と日中関係(名古屋テレビディレクター・村瀬史憲)
第5回:『はだしのゲン』が中国を駆け巡りたい理由(フリーアナウンサー・坂東弘美)
第6回:名古屋と沖縄・名古屋の沖縄(阪井芳貴)
第7回:戦後沖縄の歩みと沖縄差別(「命どぅ宝あいち」の会・新城正男)
第8回:平和を演じる―平演会の30年(劇作家・なかとしお)
第9回:戦時下の朝鮮人連行(山本明代)
第10回:朝鮮女子勤労挺身隊への取り組みと支援活動について(挺身隊訴訟を支援する会・高橋信)
第11回:「慰安婦」問題を理解する(菊地夏野)
第12回:ハルモニを撮り続けて(写真家・アンセホン)
第13回:射能汚染からの避難体験(あゆみR.P.Net代表・井川景子)
第14回:服部夫妻と銃社会アメリカ(YOSHIの会・服部美恵子)
第15回:全体の振り返り(平田・阪井・菊地・山本)
テキスト・参考文献 教科書として平田雅己・菊地夏野編『ナゴヤ・ピース・ストーリーズ―ほんとうの平和を地域から』(風媒社、2015年)を使用します。山の畑キャンパス生協書籍部にて販売します。事前に購入の上、毎回の授業に持参してください。
試験・評価方法 出欠(30%)と中間レポート1本(30%)と期末レポート1本(40%)の総合評価によって成績を判定します。具体的な課題については第1回目の授業で触れます。受講生には出欠確認用にリアクションペーパーを書いてもらいますが、内容はあくまで授業担当者へのメッセージ用で評価対象にはなりません。思ったことを自由に書いてください。
別途必要な経費 なし
その他特記事項 受講生は毎回、予習としてテキスト『ナゴヤ・ピース・ストーリーズ』の該当箇所をしっかり読み、意見や質問事項を準備し、本持参で授業に臨んでください。
科目名(英語) Contemporary Society 5
その他 <お問い合わせ先>
 名古屋市立大学・事務局 教務企画室
 tel.   :052-872-5804
 メール.:kyoumu_kikaku@sec.nagoya-cu.ac.jp

pagetop