シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

環境社会学

開設大学 名古屋市立大学
科目コード 290755
担当教員 浜本 篤史(人文社会学部准教授)
学年配当 3年, 4年
単位数 2単位
曜日 水曜
開講期間 後期
開講時間割1 3限 13:00 ~ 14:30
教室 (未定)
履修条件 -
募集定員 5
募集時期 4月, 9月
開講期間 4/12~7/28
講義概要 1.環境社会学とはどのような学問分野か
2.加害-被害構造論(1):飯島伸子と公害・労災・薬害
3.加害-被害構造論(2):四日市公害問題の分析
4.加害-加害構造論(3):地球環境問題・東日本大震災への応用
5.受益圏・受苦圏(1):70年代~80年代の大規模開発問題と社会紛争
6.受益圏・受苦圏(2):名古屋新幹線公害問題の分析
7.受益圏・受苦圏(3):開発事業全般への政策論的応用
8.中間まとめ
9.社会運動論(1):資源動員・政治的機会構造・フレーミング
10.社会運動論(2):吉野川可動堰反対運動の分析
11.社会運動論(3):社会運動全般への応用
12.環境政策と環境社会学(1):マルクスとウェーバーの呪縛
13.環境政策と環境社会学(2):名古屋市におけるごみ減量の取り組み
14.環境政策と環境社会学(3):経済的手法・合意的手法としての「レジ袋有料化」再検討
15.総まとめ
テキスト・参考文献 『よくわかる環境社会学』(ミネルヴァ書房, 2009)を用意すること。そのほかの文献については適宜指示する。
試験・評価方法 ミニレポート1回(30%)、最終レポート(70%)による。
別途必要な経費 なし
その他特記事項
科目名(英語) Environmental Sociology
その他 <お問い合わせ先>
 名古屋市立大学・事務局 教務企画室
 tel.   :052-872-5804
 メール.:kyoumu_kikaku@sec.nagoya-cu.ac.jp

pagetop